多汗症とワキガ対策の方法

多汗症とワキガ対策の方法(手術なしで原因改善)

オロナインはワキガに効果あり?悪化する可能性は?

読了までの目安時間:約 9分
ワキガオロナイン

オロナインがワキガに効果があるという噂がありますが、それは本当なのでしょうか?

 

確かにオロナインは皮膚疾患の治療薬として有名な商品ですが、ワキガに対して効果を発揮してくれるのでしょうか?

 

実際にオロナインを使ってワキガのニオイ防止に効果があったという口コミや評判もあれば、効果がなかったという評判もあります。

 

そもそもどういったことが理由でワキガにオロナインが効果があるという話になってのでしょうか?

 

オロナインがワキガに効果があると言われる理由とは?

オロナインのワキガ効果

 

オロナインは医療用に使われる軟膏で第2類医薬品に分類される薬になります。

 

オロナインは火傷や擦り傷などの外傷への消毒に利用されている家庭常備薬の一つで、普段から家に常備している人も多いのではないでしょうか。

 

オロナインは消毒して利用される常備薬なので、当たり前ですが強い殺菌効果があります。

 

ワキガのニオイの発生原因は、脇にあるアポクリン汗腺から出た汗が雑菌に分解されることによって発生するというのは良く知られています。

 

そのため脇にオロナインを塗ると、脇にある雑菌が殺菌されることになるので、ワキガの原因になるアポクリン汗腺からの汗を分解する雑菌を減らせることになります。

 

汗を分解する雑菌がオロナインよって殺菌されると、それだけニオイの原因を抑えることができるので、ワキガのニオイ対策にオロナインが効果があると言われているのです。

 

ではオロナインをワキガ対策として利用する価値はあるということなのでしょうか?

オロナインがワキガを悪化させる可能性は?

オロナインがワキガを悪化

 

オロナインは殺菌力のある医薬品なので、ワキガのニオイの作り出している原因の一つである雑菌を除去できるという効果を期待できます。

 

しかしオロナインにはワキガに効果があると言われている一方で、ワキガを悪化させるという話もあります。

 

オロナインは軟膏なので肌を乾燥させないように、油分が含まれており、この油分によって肌を守る効果を出しています。

 

しかし油は雑菌からすると恰好のエサになってしまうので、殺菌効果がある一方で雑菌を活発化させる原因にもなってしまいます。

 

オロナインによって脇に油膜が張られてしまうと、それだけニオイもこもることになるので厄介です。

 

またワキガのニオイとオロナインのニオイが混ざって強烈な悪臭を放つこともあるので注意が必要です。

オロナインのワキガへの効果は短いので注意しよう!

オロナインのワキガへの効果は短い

 

オロナインってそもそも消臭効果を謳っている商品ではないので、ワキガへの効果を期待する方が間違っているんですよね。

 

ワキガ対策するためには、仕事や学校に行っている間くらいの時間での消臭効果は求めたいところです。

 

しかしオロナインが効果があるのは1時間か2時間程度だと思っておいたほうがいいです。

 

まあ、そもそも消臭剤ではないので、そんなに長い時間の効果を求める方が無理なんですよね。

 

現実問題としてニオイが弱まったとしても、その効果時間が短かったら意味がないので個人的にはあまりオススメしないですね。

軽度のワキガなら試しに利用しても良い

軽度のワキガオロナイン

 

軽度のワキガなら脇への殺菌効果によって、臭いをある程度押さえることが可能だと思います。

 

逆に重度のワキガだと、オロナインではニオイが残ってしまうので、オロナイン自体のニオイとワキガのニオイの相乗効果で最悪なことになります。

 

口コミや評判で「ワキガに効果があった」という人と、「ワキガに効果がなかった」という人が分れているのは、ワキガ症状の程度による違いが大きく影響しているのではないかと思います。

 

「ワキガに効果があった」という人は比較的経度のワキガ症状の人で、「ワキガに効果がなかった」という人は重度のワキガ症状の人ということです。

 

ただ軽度のワキガにしか効果がなく、効果時間が1~2時間程度なら市販の消臭剤とあまり違いはないですよね。

オロナインは医薬品なので長期間の使用はおすすめできない

オロナイン長期間利用

 

軽度のワキガに効果があるなら、オロナインでワキガ対策をしようという人もいるかもしれないですが、止めておいた方がいいと思います。

 

オロナインは敏感肌にも優しい常備薬の軟膏ですが、第2類医薬品に分類される薬なんですよね。

 

いくら肌に優しい商品とは言っても、医薬品のような商品を長期間日常的に利用するのはおすすめできないです。

 

そもそもオロナインって日常的に長期間利用することを前提に作られている商品ではないので、利用し続けることによって肌にどのような影響がでるのかわかりません。

 

ワキガのように毎日しっかりとした消臭対策が必要な場合には、オロナインのような毎日使うことを想定されてない商品を利用するのはやめておいた方がいいです。

オロナインでワキガは完治しない

オロナインでワキガは完治しない

 

オロナインのこれまでのワキガへの効果を見てもわかると思いますが、オロナインには殺菌効果はありますが、ワキガを完治させる効果はないので誤解しないようにしましょう。

 

ネットで「オロナインでワキガを完治できる」という都市伝説が記載してあったりしますが、それは嘘なので騙されないようにいましょう。

 

ワキガは体の器官として元来人間に備わっているアポクリン汗腺から発せられる汗が分解されることで発生するニオイなので、アポクリン汗腺を除去しないとワキガが完治することはないです。

 

そのためワキガを完治させるには、手術でアポクリン汗腺を除去するか破壊するしか方法はないです。

 

ワキガが皮膚疾患ならオロナインで治療できるかもしれないですが、ワキガは病気ではなく体質なので薬で治療することはできないんですよね。

 

ワキガについて手術以外でできる対策方法は、ニオイ軽減くらいしか方法はないのでオロナインに過剰な期待はしないほうがいいです。

ワキガ専用対策商品を利用した方がオロナインよりも効果がある

ワキガ専用対策商品オロナイン

 

オロナインでも軽度のワキガなら数時間程度なら効果を期待することができますが、長期間利用することを考えると専用のワキガ対策商品を利用した方がいいと思います。

 

ワキガ対策専用の商品なら、長期間利用することを前提に作られているのはもちろんですが、消臭効果時間も長いので、学校や仕事に行っている間でも効果が持続します。

 

またワキガ体質の人がなりやすい、スソワキガやチチガなどの症状にも対応しているので体臭対策に総合的に利用することができます。

 

オロナインだとさすがにデリケートゾーンのワキガ症状の「スソワキガ」に利用するのは難しいと思います。

 

ワキガの応急対策でオロナインを利用するのはいいと思いますが、長期的に考えると手術かワキガ対策商品の利用がベストだと考えます。

 

下記でワキガ手術とワキガ対策商品について載せているので参考にしてください。

wakigataasesyourogo


wakigahikaku
asekakuhikaku
ワキガ多汗症手術徹底比較

 

ワキガや多汗症を手術なしで改善

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る