多汗症とワキガ対策の方法

多汗症とワキガ対策の方法(手術なしで原因改善)

デリケートゾーン(アソコ)の黒ずみの原因を自宅で解消ケアする方法

読了までの目安時間:約 19分
デリケートゾーン(アソコ)の黒ずみ解消の自宅でのケア方法実践

黒ずみで悩んでいる人が多いですが、その中で女性の中が意外と多いのがデリケートゾーンの黒ずみになります。

 

デリケートゾーンについては近年は黒ずみで悩んでいる人が多く、どのようにケアして黒ずみを解消したらいいのか悩んでいる人が珍しくないです。

 

特に10代や20代の女性の場合には学校行事だったり、彼氏と初めての夜を迎えたり、色々な場面でデリケートゾーンの黒ずみが気になる事態に遭遇します。

 

実際にアソコが黒いとあまりイメージはもたれないのが現状です。

 

デリケートゾーン(アソコ)が黒いとどんな印象を持たれる?

デリケートゾーン(アソコ)が黒い女性の印象

 

デリケートゾーン(アソコ)が黒いと男性からあまり良いイメージはもたれないですよね。

 

実際にアソコが黒いと、彼氏から遊んでいると思われたり不潔そうだと思われたりグロいと思われたりすることがあります。

 

特に10代の女性の場合だとそういったイメージを持たれるのは耐え難いことなので頑張ってケアしようとしている人も多いです。

 

ただ中には間違った方法でケアしている女性もいます。

 

実際には遊んでいるからアソコが黒くなるわけではないのですが、世間ではそういったイメージがあるのでどうしようもないです。

 

アソコが黒くなるのは性交渉が原因というわけではないので、まだ経験がない女性でも黒くなる可能性があり、男性からあらぬ誤解を招いたり良いことはないです。

 

ある程度の年齢の女性ならアソコが黒くてもそこまで気にならないかもしれないですが、まだ若い女性の場合は結構深刻な問題です。

 

ではこういったアソコの黒ずみは具体的にどのような原因で起こるのでしょうか。

アソコの黒ずみとメラニンの色素沈着について

アソコの黒ずみとメラニンの色素沈着

 

デリケートゾーン(アソコ)が黒いと悩んでいる人の中には何も思い当たる節がないのに何故か黒ずんでいると悩んでいる女性は多いです。

 

女性の多くはデリケートゾーン(アソコ)が黒ずむ原因について知らない人も多いのではないでしょうか。

 

基本的にはデリケートゾーン(アソコ)が黒ずむ原因はメラニン色素の活性化による色素沈着だとされています。

 

よく夏などに紫外線を浴びたりすると日焼けして肌が黒くなると思いますが、それはメラニンによる働きによるものです。

 

メラニンの働きとは?

メラニンは肌が刺激を受けると、それを保護しようとして出すものです。そのためメラニンは肌の保護のためにあるもので、本来は悪いものではないです。

 

ただ日焼けするといつの間にか皮がむけてもとの肌に戻るのが普通ですが、どうしてアソコの黒ずみは元に戻らないのでしょうか?

 

場所によってはメラニンで黒くなった部分がなくならずに色素沈着して、くすみやシミのように肌に留まってしまうケースもあるということです。

 

通常は肌のターンオーバーによって肌が新陳代謝によって黒ずみ等の古い角質が落ちていくのが普通です。

 

ただ肌のターンオーバーが正常でない場合には黒ずみ残ってしまいます

ホルモンバランスの乱れがターンオーバーに影響

肌のターンオーバーはホルモンバランスに影響されやすいです。

 

特に女性の場合にはホルンモンバランスが乱れると色々な症状が出るので注意が必要です。

 

よく妊娠すると乳首が黒くなったり色々なことが体に起こるようになりますが、これもホルモンバランスの乱れによるものです。

 

デリケートゾーン(アソコ)の黒ずみとこういった肌の働きは大きくかかわりがあるので仕組みは知っておくといいです。

 

こういったデリケートゾーン(アソコ)でのメラニンの色素沈着が起こる原因はどのようなことがあるのでしょうか。

デリケートゾーン(アソコ)の黒ずみの原因とは

デリケートゾーン(アソコ)の黒ずみの原因

 

デリケートゾーン(アソコ)が黒ずむ直接的な原因はメラニンの色素沈着だといわれていますが、こういったメラニンの色素沈着はどのような原因で起こるのでしょうか?

 

またデリケートゾーン(アソコ)の黒ずみの原因は他にもあるのでしょうか?

 

デリケートゾーン(アソコ)の黒ずみで悩んでいるならどういった理由で黒くなってしまうのか原因を知っておくと解消方法も分かってくると思います。

 

デリケートゾーン(アソコ)が黒ずむ原因

    • 下着や衣類による摩擦
    • デリケートゾーン(アソコ)の洗いすぎ
    • 年齢からくる自然な反応
    • アンダーヘアの処理によるもの
    • 生理による経血やおりもの

下着や衣類による摩擦

デリケートゾーン(アソコ)の黒ずみの原因として良くあるのが下着や衣類などによる締め付けや摩擦による刺激になります。

 

何となく知っている人もいるかもしれないですが、デリケートゾーン(アソコ)は皮膚が他の場所よりも薄いです。

 

まあ、デリケートゾーンと呼ばれるくらいなので肌が薄いのは当然だと思いますが、そうなると肌のちょっとした刺激によって肌がダメージを受けてしまいます。

 

よく言われているVIOラインと呼ばれるデリケートゾーンは肌が薄くてダメージを受けやすいので、それだけメラニンが肌の防御のために活性化してしまいます。

 

そうなるとメラニン色素の色素沈着などの影響によってアソコが黒ずんできてしまうのです。

 

普段は履いている下着でもアソコが黒ずむというのはかなりやっかいですよね。

デリケートゾーン(アソコ)の洗いすぎ

デリケートゾーン(アソコ)を普段から清潔にするためにしっかりと洗っておこうというのは悪いことではないですが、洗いすぎには注意が必要です。

 

アソコが黒ずんできた女性には特に多いのですが、黒ずみを消すために頑張ってアソコを洗ってしまうケースがありますが、これは逆効果です。

 

デリケートゾーンはデリケートゾーンと呼ばれるくらい肌が薄い場所なのに、そこをゴシゴシと洗っていては肌へのダメージが大きくなるばかりです。

 

肌へのダメージが大きくなるとそれを保護するためにメラニン色素が活発に生成されて黒ずみの原因になります。

 

つまりアソコの黒ずみを消すために洗っていたのに、それがさらにアソコの黒ずみを濃くする原因になってしまっているということになります。

 

スソワキガなどアソコのニオイで悩んでいる人も洗いすぎる傾向にあるので洗いすぎは控えるようにしましょう。

 

Vラインの黒ずみの原因では洗いすぎが多いので注意しましょう。

年齢からくる自然な反応

ある程度の年齢になってくると年齢からくるとデリケートゾーン(アソコ)の黒ずみが普通になってきます。

 

デリケートゾーン(アソコ)の黒ずみはメラニン色素の色素沈着が原因だというのは上記で説明していると思います。

 

普通は肌が生まれ変わるターンーオーバーによって肌が生まれ変わって、メラニンが排出されるのですが、加齢によってそれが鈍くなってきます。

 

そのため加齢によるアソコの黒ずみは自然なことなのです。

アンダーヘアの処理によるもの

女性は多くの人がアンダーヘアの処理をしていると思いますが、その方法によって肌への刺激が強くてそれが原因でアソコが黒くなってしまっているケースもあります。

 

黒ずみの原因であるメラニンは肌へのダメージによって活発になり、肌防御のために排出されてそれが黒ずみになるのですが、アンダーヘアの処理も肌のダメージに繋がります

 

人によってどういった方法でアンダーヘアを処理しているのか違うと思いますが、自分で処理している人は毛抜きやカミソリを使っている人もいると思います。

 

そういった場合には肌への物理的なダメージに繋がるので、黒ずみの原因になります。

 

クリームなどでの処理も肌が弱い人にはダメージなり、荒れる原因になるので注意が必要です。

 

そのためアンダーヘアの処理で黒ずみを作らないためには、脱毛サロンを利用するのが一番いい処理方法です。

生理による経血やおりもの

生理による経血やおりものも黒ずみの原因になっています。

 

こういった生理による経血やおりものが多い場合にはそれが不潔になる原因になるだけでなく、ニオイの原因になってくるので注意が必要です。

 

またこういった生理による経血やおりものによってアソコが汚れていると、そこから炎症が発生したりして、それが肌のダメージになり、メラニン色素が活発化する原因になります。

 

生理による経血やおりものはアソコのニオイにも繋がるのでしっかりと洗うことが大事です。

 

ただ上記でも掲載していますが、洗いすぎると逆効果になるので注意が必要です。

 

生理による経血やおりものはIラインの黒ずみ原因なっていることが多いので知っておくといいと思います。

デリケートゾーン(アソコ)の黒ずみの自宅解消法

デリケートゾーン(アソコ)の黒ずみの自宅解消法

 

デリケートゾーン(アソコ)の黒ずみは上記のように、基本的にはメラニン色素が原因なのですが、そのメラニン色素が発生するのは、肌への刺激なのでそれを注意する必要があります。

 

デリケートゾーン(アソコ)の黒ずみ解消で大事なのは肌にどれだけ刺激を与えないかということになるので、それを意識して対策を行うようにしましょう。

 

継続的に対策することによってアソコの黒ずみが薄くなっていくので参考にしてください。

 

下記でデリケートゾーン(アソコ)の黒ずみの自宅で解消するための方法について載せているので参考にしてください。

 

デリケートゾーン(アソコ)が黒ずみ解消法

    • 下着は刺激の少ない綿やシルクを使用
    • アンダーヘアの処理後は保湿しよう
    • 摩擦のあるナプキンやトイレットペーパーは使用しない
    • アソコは刺激の小さい専用ソープを使用しよう
    • アソコの黒ずみ解消商品を使おう

下着は刺激の少ない綿やシルクを使用

下着の締め付けや摩擦が肌へのダメージになって、メラニン色素を生成するというのは上記の黒ずみ原因で説明したと思います。

 

そのため黒ずみで悩んでいるならできるだけ下着にはこだわった方がいいです。

 

まずサイズが合ってない下着は履かない様にしましょう。当たり前ですが、下着が合ってないとそれだけ肌への摩擦や締め付けがきつくなります。

 

さらに素材にもこだわるといいと思います。

 

特にいいのは天然由来の成分で作られている綿やシルクのような低刺激な素材をのゆったりとした下着がベストだと思います。

摩擦のあるナプキンやトイレットペーパーは使用しない

アソコへの刺激を出来るだけ小さくするために、普段から使っているナプキンやトイレットペーパーも低刺激で摩擦の小さいものを利用するといいです。

 

ちょっとしたものですが、こういった日常で利用するような消耗品は、毎日のように使っていると摩擦が大きな影響を与えるようになるので大事です。

 

意外と盲点なのでこういった所から替えていくといいかもしれないですね。

アンダーヘアの処理後は保湿しよう

アンダーヘアの処理を自分でやっている人は多いと思いますが、アンダーヘアの処理後にしっかりと肌ケアは行っていますか?

 

アンダーヘアの処理後に、しっかりと保湿ケアをするだけでもかなり肌へのダメージが違ってくるので行うようにしましょう。

 

ちなみに保湿する際には低刺激のジェルやローションを使うようにしましょうね。

 

また一番望ましいのは脱毛サロンでのVIO脱毛なので、これを機会にやってみるのも良いのではないでしょうか。

 

最近はVIO脱毛も一般的になってきており、行っている女性も多いので試してみるといいと思います。

アソコは刺激の小さい専用ソープを使用しよう

アソコを洗う際にできるだけゴシゴシと洗わないようにというのは、上記でも説明していることですが、利用しているソープもこだわりたいですね。

 

洗う際にはナイロンタオルなどでゴシゴシと洗うのではなく、泡立てネットなどを使って泡を立てて、それで洗うようにするといいと思います。

 

基本的には泡と手をつかって、刺激にならないように洗うようにするといいです。

 

最近ではデリケートゾーン用の石鹸やソープがあるので、そういった商品を利用すると効果が高いと思います。

アソコの黒ずみ解消商品を使おう

アソコの黒ずみで悩んでいるなら専用の黒ずみ解消商品を利用するようにするといいと思います。

 

現在はいくつか良い商品があるので、アソコの黒ずみで悩んでいるならそういった商品を利用して黒ずみを解消するようにするといいと思います。

 

私がオススメするデリケートゾーンの黒ずみ対策商品は下記になります。

ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム

ハーバルラビットナチュラルゲルクリームの口コミと評判と効果を検証ハーバルラビットナチュラルゲルクリームは現役のモデルも愛用している人気の黒ずみ対策商品になります。

 

デリケートゾーン以外にもワキやひざやくるぶしなど色々なところの気になる黒ずみ対策に利用することができるので非常に便利です。

 

肌に優しい商品で、余計な添加物などが入ってないので赤ちゃんなどでも利用することができる商品です。そのためデリケートゾーンのような敏感な部分に利用するには最適だと思います。

 

他の黒ずみケア商品と比べると価格が安く全額返金保証もあるので利用しやすいです。下記で詳しい商品レビューを行っているので参考にしてください。

 


薬用イビサクリーム

薬用イビサクリームアソコの黒ずみ対策商品として人気なのが薬用イビサクリームになります。

 

イビサクリームはワックス脱毛サロンIBIZA WAXが開発したデリケートゾーンに特化しているクリームになっており、厚労省から医薬部外品として認定されています。

 

低刺激の無添加で作られているので、デリケートなアソコにもしっかりと使用できるのが特徴です。アソコにも使用できるくらいなので、ワキや膝や乳首など色々な部分への黒ずみにも利用することができます

 

アットコスメなどの化粧品口コミサイトでの評価も高いので、まずは下記から私がイビサクリームをレビューした記事を参考にしてください。

 


wakigataasesyourogo


wakigahikaku
asekakuhikaku
ワキガ多汗症手術徹底比較

 

黒ずみケアの方法

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る