多汗症とワキガ対策の方法

多汗症とワキガ対策の方法(手術なしで原因改善)

アポクリン汗腺とエクリン汗腺の違いとは?

読了までの目安時間:約 10分
アポクリン汗腺エクリン汗腺違い

アポクリン汗腺とエクリン汗腺はワキガや多汗症について説明する際には、かならず出てくる重要な組織になります。

 

アポクリン汗腺とエクリン汗腺はどちらも人間に備わっている重要な体の組織になっており、アポクリン汗腺とエクリン汗腺から汗が出ています。

 

アポクリン汗腺とエクリン汗腺はどちらも汗が出る汗腺ではありますが、分布している場所も違えば働きも効果も違います

 

アポクリン汗腺とエクリン汗腺を知ることはワキガや多汗症を知ることにも繋がってくるのでしっかりと違いを知っておきましょう。

 

アポクリン汗腺とエクリン汗腺の役割の違い

アポクリン汗腺エクリン汗腺役割違い

 

アポクリン汗腺とエクリン汗腺はどちらも汗を出す汗腺ですが、アポクリン汗腺とエクリン汗腺では役割がまったく違うんですよね。

 

ワキガや多汗症に関係する汗腺もそれぞれ違ってくるので、ワキガや多汗症で悩んでいる人はアポクリン汗腺とエクリン汗腺の役割の違いは知っておきましょう。

アポクリン汗腺はワキガの臭い原因器官

アポクリン汗腺はワキガの原因になっている汗腺で、アポクリン汗腺から分泌される白い濁った汗がワキガの原因物質になっています。

 

アポクリン汗腺は元々は人間のフェロモンを生成する器官だったのですが、現在はそういった器官は必要ないので、アポクリン汗腺は退化しました。

 

そのためアポクリン汗腺は古代人からの名残という感じの器官になります。

 

ワキガ手術でアポクリン汗腺を切除するという話を聞いて「問題ないの?」と思う人もいますが、アポクリン汗腺がすでに使われてない器官ということを知れば、手術で切除しても問題ということがわかると思います。

エクリン汗腺は人の体温を調整している重要な器官

エクリン汗腺はアポクリン汗腺とは違って、現役でしっかりと活動している重要な体の器官になります。

 

私達が通常の汗を出しているのはこのエクリン汗腺からであり、人間の体温を調整するという重要な役割を果たしている器官になります。

 

人間は暑い時や激しい運動をしたりしたら、汗をかいて体温調整しますが、エクリン汗腺がないと体温調整することができないです。

 

ちなみに人間が1日にかく汗の量は1.5~2リットルと言われており、汗をかいてないようでも自然とそれだけの量を分泌しているのです。

 

エクリン汗腺は普通の汗を分泌する器官なので多汗症や汗かきと密接な関係があります。

アポクリン汗腺とエクリン汗腺の汗の違い

アポクリン汗腺エクリン汗腺汗違い

 

アポクリン汗腺とエクリン汗腺については、ワキガに関係するのがアポクリン汗腺、多汗症や汗かきに関係しているのがエクリン汗腺という違いがあります。

 

同じ汗でもワキガの原因になっていたり、多汗症や汗かきの原因になっていたりして、まったく役割が違うということがわかると思います。

 

では汗の成分などの汗自体にはどのような違いがあるのでしょうか?

アポクリン汗腺からの汗は白く濁っている

アポクリン汗腺からの汗にはタンパク質や脂質などが含まれており、白く濁っており、粘り気のある汗というのが特徴です。

 

アポクリン汗腺からの汗にはタンパク質や脂質などの雑菌が好む栄養素がたっぷりと含まれているので、雑菌が繁殖しやすいのが特徴です。

 

またアポクリン汗腺からの汗には塩分がほとんど含まれてないので、殺菌効果もなく、多く分泌されると雑菌の温床になります。

 

このようにアポクリン汗腺はタンパク質や脂質などでできているので、動物性脂肪などを多く摂取し過ぎるとアポクリン汗腺が活発に活動して、ワキガの原因になっている汗を多く分泌させることに繋がるので注意が必要です。

エクリン汗腺の汗は無味無臭でサラサラ

エクリン汗腺からの汗は基本的に無味無臭で成分のほとんどが水分でできているのでサラサラとしているのが特徴です。

 

エクリン汗腺からの汗は私達が一般的に知っている普通の汗だと理解しておくと分かりやすいです。

 

エクリン汗腺からの汗には塩分が含まれており、これは皮膚を殺菌するためのものだといわれています。

 

ただ汗の塩分量が多くなるとベタベタとした汗になってしまいます。

 

しかし汗を大量にかくと「汗臭い」といわれますよね?

 

エクリン汗腺からの汗は無味無臭なのにどうして汗臭くなるのでしょうか?

エクリン汗腺からの汗で何故汗臭くなるの?

エクリン汗腺汗臭い

 

エクリン汗腺からの汗は基本的に無味無臭で、塩分が含まれているので雑菌が好むような汗ではないので、アポクリン汗腺とは違って汗自体は分解されやすいものではないです。

 

しかし皮膚上には垢や皮脂、角質などの雑菌が好んで分解するエサが沢山ありますよね。

 

エクリン汗腺から汗が出ると、垢や皮脂、角質などが汗と一緒に皮膚上に流れ出してしまって、それらが分解されるようになってしまいうんですよね。

 

つまりエクリン汗腺からの汗が分解されて汗臭さになっているのではなく、エクリン汗腺によって流れ出た垢や皮脂、角質が分解されたのが汗臭さの原因になっているということです。

 

ただ垢や皮脂、角質は固形物なので分解するのに時間がかかってしまいます。

 

汗をかいた場合にはすぐに汗臭くなるのではなく、時間が経過してから汗臭くなるというのは、分解時間が必要だということに関係があります。

アポクリン汗腺とエクリン汗腺は分布場所が違う

アポクリン汗腺エクリン汗腺分布場所

 

アポクリン汗腺とエクリン汗腺はどちらも人間の体に備わっているものではありますが、分布している場所に違いがあるんですよね。

 

アポクリン汗腺とエクリン汗腺は役割や汗自体にも違いがありますが、体に分布している場所自体も違うんですよね。

アポクリン汗腺は特定の場所に分布

アポクリン汗腺は脇の下や、へその周り、耳の穴や乳首、性器や肛門など体の特定の部位に分布しているのが特徴になります。

 

ワキガといえば脇ということで、アポクリン汗腺が脇だけにしかないと思っている人もいますが、実際にはいくつかの場所に分布しているということがわかると思います。

 

ワキガ以外にも性器のワキガと言われている「スソワキガ」は性器や肛門周りのアポクリン汗腺が原因です。

 

ちなみに耳垢が湿っているとワキガの可能性があるというのは、耳の穴にはエクリン汗腺はなくアポクリン汗腺しかないので、耳の穴が湿っているということはアポクリン汗腺が活動していると判断できるからです。

エクリン汗腺は全身に分布している

エクリン汗腺は全身に分布しており、皮膚表面から1から3ミリの比較的浅い部分に密集しています。

 

アポクリン汗腺と違ってエクリン汗腺は全身に分布しているので、エクリン汗腺からの汗を抑えるのはなかなか難しいです。

 

具体的には全身で230万個あると言われています。

 

多汗症や汗かき対策で汗腺を除去するという方法がありますが、全身に分布していると、場所によっては汗腺を除去するのが難しい場合があるというのも納得ではないでしょうか。

 

脇や性器などは毛が生えて蒸れやすい場所でもあるので、エクリン汗腺の汗とアポクリン汗腺の汗が混在してニオイが出やすい場所です。

ワキガや多汗症・汗かき対策は汗腺を抑えるのがポイント

汗腺抑える

 

アポクリン汗腺とエクリン汗腺がワキガや多汗症・汗かきの大きく関係している器官であることは分かったと思います。

 

つまりワキガや多汗症・汗かきを抑えていくためには、アポクリン汗腺とエクリン汗腺の働きをどのようにして抑えていくかということが非常に重要になってきます。

 

汗腺を抑える方法は色々ありますが、手術で汗腺を除去してしまう方法や、ワキガや多汗症・汗かき対策に使える商品を利用するという方法もあります。

 

ワキガなどの手術が比較的難しくなくて、原因がはっきりしているような場所なら手術で、汗腺を除去してもいいですが、スソワキガなど場所が微妙な場合には同じ汗腺除去でも難しい場合もあります。

 

アポクリン汗腺とエクリン汗腺を抑える方法として、お金をかけられるなら手術という選択肢がありますし、そうでないなら対策商品を利用するといいです。

 

下記ではオススメのワキガや多汗症・汗かき対策商品を載せているのでよかったら参考にしてください。

wakigataasesyourogo


wakigahikaku
asekakuhikaku
ワキガ多汗症手術徹底比較

 

ワキガについて

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る