多汗症とワキガ対策の方法

多汗症とワキガ対策の方法(手術なしで原因改善)

テノール液のワキガや手汗・顔汗・脇汗への効果とは

読了までの目安時間:約 8分
テノール液ワキガ汗効果

テノール液を利用してワキガや手汗・顔汗・脇汗などの症状を抑えようとしている人も少なくないですが実際に効果はあるのでしょうか?

 

テノール液の利用を検討しているような場合には、具体的にどのような効果があり、メリットやデメリット副作用などをあらかじめしっかりと確認しておくといいと思います。

 

ではそもそもテノール液とはどのようなものなのでしょうか?

 

テノール液とは?

テノール液とは

 

テノール液は佐藤製薬が販売している非常にシンプルで利用しやすい制汗剤になります。

 

一般的な制汗剤と似たような成分を配合しており、汗対策によく利用されている塩化アルミニウム系の制汗剤になります。

 

市販の制汗剤には塩化アルミニウムが使われていることが多いので、そこまで珍しい特徴のある制汗剤という感じではないと思っていいです。

 

ただ塩化アルミニウムの濃度が低いので、一般的な制汗剤よりも肌に優しいという特徴があります。

 

そんな塩化テノール液ですが、具体的にどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

テノール液のワキガへの効果とは?

テノール液のワキガへの効果

 

テノール液は塩化アルミニウムを配合している制汗剤なので、市販されている制汗剤とそこまで大きな効果の違いはないのではないかと思います。

 

ただ汗を抑える効果はあるので、ワキガの原因であるアポクリン汗腺からの汗を抑える効果は期待することができます。

 

また、殺菌効果によってワキガの汗を分解して臭いを発生させる雑菌の繁殖を抑えることができるので、汗と雑菌両方からワキガのニオイを抑制することが可能になります。

 

またテノール液は塩化アルミニウムの濃度が低めなので、繰り返し使うような場合だと肌にも優しくて比較的利用しやすいのではないかと思います。

 

ただ濃度が低いということは、それだけ制汗効果も強くはないということになるので、強めのワキガで悩んでいるような人には効果が薄いかもしれないですね。

 

そのためテノール液はワキガ対策で利用する場合には、症状が軽い人向けと考えていいと思います。

テノール液の顔汗や手汗・脇汗への効果とは?

テノール液の顔汗や手汗・脇汗への効果

 

テノール液は制汗剤なので、ワキガよりはどちらかというとこういった汗対策の商品としての効果が本命と言えます。

 

基本的にテノール液は手汗はもちろんですが、足汗や脇汗などにも利用することができます。

 

ただテノール液は顔に利用するのはメーカーとしては禁止しているので、顔汗には利用しない方がいいと思います。

 

まあ、濃度が低いとはいっても塩化アルミニウムという刺激の強い成分が利用されているので、顔のように皮膚の薄い部分に利用するのには向いてないといいことだと思います。

 

濃度が低くても塩化アルミニウムは十分に刺激が強いので、顔に使うことによって肌荒れが起こる可能性があります。

 

そのためテノール液を利用する場合には顔汗には利用しない方が無難だと思います。

テノール液のメリット

テノール液のメリット

 

テノール液のメリットは汗と臭いの両方を対策できることだと思います。

 

やはり汗と臭いというのは普段生活する上で気になる部分なので、しっかりと対策できれば比重に使い勝手がいいと思います。

 

また価格が安いというのもメリットだと思います。こういった汗や臭い対策の商品は普段から日常的に利用するものなので、コスパは非常に大事です。

 

さらに塩化アルミニウムの濃度が低めなので、市販されている制汗剤の中では低刺激なので、肌が強くない人でも利用しやすいというメリットがあります。

 

成分は強くないですが、それだけに汗が気になる幅広い人に使える商品だと思います。

 

テノール液は比較的乾きやすいので利用しても湿ったままにならないのもメリットの一つだと思います。

テノール液のデメリット

テノール液のデメリット

 

テノール液の一番のデメリットは臭いがキツいということではないでしょうか。

 

実際にテノール液の臭いが気になってしまって、利用できないと感じた人も少なくないです。

 

臭いは男性のポマードのようなニオイになっており、女性が利用するにはかなり抵抗があるニオイだと思います。

 

男性が利用する場合ならそこまで違和感を感じないかもしれないですが、女性からポマードの臭いがしたら不審に感じますよね。

 

またワキガの臭いがきつめの場合には、テノール液では消臭効果が追いつかず、テノール液のニオイとワキガの臭いが混ざって相乗効果で嫌な臭いが倍増します。

 

テノール液は商品自体の臭いが最大のデメリットと言えると思います。

テノール液の副作用

テノール液の副作用

 

テノール液は一般的な塩化アルミニウム配合の制汗剤の中では濃度が低めなので、大きな副作用の可能性は小さいと思います。

 

とは言っても塩化アルミニウムは肌への刺激が強い成分なので、利用する場所によっては、かぶれや痒みなどが副作用として発生する可能性があります。

 

濃度が低いでそこまで強い副作用が出ることはないと思いますが、肌に異常を感じるようなら、すぐに利用をやめたほうがいいです。

 

肌荒れが深刻になると、他の制汗剤の利用も難しくなるので、異常を感じた時点で早めに利用をやめて肌のダメージを軽減しましょう。

テノール液はワキガや汗かき症状にオススメなのか?

テノール液はワキガや汗かき症状にオススメ

 

テノール液は塩化アルミニウムの濃度が低めなので、肌には優しいですが、それだけに制汗効果は他の制汗剤よりも低いと思います。

 

そのためどちらかということ、比較的軽めのワキガや汗かき症状の人向けの商品と言えます。

 

ただ男性のポマードのようなニオイがしてしまうので、女性が利用するのにはハードルが高めなので、男性で比較的軽めのワキガや汗かき症状がある場合にオススメです。

 

ちょっともったいない商品ですよね。

 

ニオイが無ければ女性でも利用することが可能だったと思いますが、ニオイの影響で女性の利用はオススメできないです。

 

女性でワキガや汗かき症状で悩んでいる場合には下記でオススメ商品を載せているのでよかったら参考にしてください。

wakigataasesyourogo


wakigahikaku
asekakuhikaku
ワキガ多汗症手術徹底比較

 

無臭や消臭ブームで汗の匂いがタブー

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る