多汗症とワキガ対策の方法

多汗症とワキガ対策の方法(手術なしで原因改善)

ホルモンバランスの乱れが原因の多汗症とワキガ対策

読了までの目安時間:約 5分
ホルモンバランスの乱れが原因の多汗症とワキガ対策

ホルモンバランスの乱れでは50代くらいになると更年期障害によって突然起こることがあります。

 

こうしたホルモンバランスの乱れは若い人でも珍しいことではなく、普段の生活習慣が乱れていたり、睡眠不足など不規則な生活をしていると起こりえることです。

 

ホルモンバランスの乱れがきっかけになって多汗症やワキガになってしまうこともあるので注意が必要です。

 

ホルモンバランスの乱れは更年期障害だけでなく、思春期だったり生理前や生理中、妊娠などによって影響が出るので注意が必要です。

 

ワキガと多汗症が併発するとにおいが拡散しやすくなるので、その分においが強く感じられてしまいます。

 

多汗症が併発しない場合だと、ワキガのにおいはしますが、まだ多汗症が併発するよりは大分ましだと思っていいです。

 

ホルモンバランスの乱れからワキガや多汗症が発症する

ホルモンバランスの乱れからワキガや多汗症が発症する

 

50代になり更年期障害になってホルモンのバランスが乱れたり、自律神経が変調になったりするとワキガや多汗症になることがあります。

 

また思春期になってワキガや多汗症になるという女性も少なくないです。

 

これまでなかった多汗症の併発によってこれまで自分では感じてなかった臭いを感じるようになり不快になるケースも多いです。

 

いきなり多汗症になるので、もともとのワキガと一緒になって、Tシャツなどのワキの部分が黄色くなったりして汗シミが全然消えないと言うこともあります。

 

ホルモンのバランスが乱れは特に女性に多い症状で、ホルモンのバランスが変わってくる思春期などでもこういったワキガや多汗症の症状は発症するようになります。

 

ではどういった仕組みでこういったホルモンのバランスが乱れがワキガや多汗症を引き起こすようになるのでしょうか。

ホルモンのバランスが乱れるとワキガや多汗症の原因になる仕組み

ホルモンのバランスが乱れるとワキガや多汗症の原因

 

女性ホルモンにはエストロゲンプロゲステロンというものがあります。

 

この2つの女性ホルモンがバランスを取り合ってスムーズな妊娠や生理が実現しています。

 

ただこういった2つのホルモンバランスが崩れてしまうと、アポクリン汗腺が活発になってワキガのニオイが発生するようになってしまいます。

 

そのためホルモンバランスに影響が出る妊娠や出産、生理前や生理中にはワキガのニオイが強くなったり、汗が出やすくなったりする可能性があります。

 

またホルモンバランスの乱れは交感神経にも影響を与え、そうなると体温調節をする必要がない場合でも異常に多量の汗をかいてしまうこともあり、多汗症の原因にも繋がります。

 

ホルモンバランスの乱れは思春期はもちろんですが、高齢者の更年期障害などでも見られる症状なので、注意が必要です。

 

また普段の生活でも睡眠不足などが原因でホルモンバランスの乱れが起こること事もあるので規則正しい生活が大事になります。

ホルモンバランスの乱れが原因のワキガや多汗症対策方法

ホルモンバランスの乱れが原因のワキガや多汗症対策方法

 

更年期障害の症状などは自律神経の変調によるものなので、内科に通うことで治療することができます。

 

とは言っても他の妊娠や出産、生理前や生理中などのホルモンバランスの乱れについてはなかなか病院でどうにかするというのは難しいです。

 

しかしそもそもの問題はホルモンバランスの乱れというよりは、ワキガや多汗症なのでそちらをしっかりと対策していく必要があります。

 

ワキガや多汗症の場合は内科では治療できないので、更年期障害の治療とは別に治療法を探す必要があります。

 

ワキガや多汗症の対策や改善方法では手術と言う方法もありますが、費用や再発のことを考えると最終手段にしたほうがいいと思います。

 

当サイトでは多汗症やワキガ対策に特化している商品を下記で載せているので参考にしてはどうでしょうか。

 

wakigataasesyourogo


wakigahikaku
asekakuhikaku
ワキガ多汗症手術徹底比較

 

ワキガについて 多汗症について

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る