多汗症とワキガ対策の方法

多汗症とワキガ対策の方法(手術なしで原因改善)

ワキガと多汗症の手術には熟練した技術が必要になる

読了までの目安時間:約 6分

インターネットや店舗などで、ワキガや多汗症の最新の手術方法があるというような情報があると気になる方もいるのではないでしょうか。

 

最新の器具や治療法だとこれまでにない治療が受けられるのはと思う方もいると思います。

 

ただ新しい器具を使用しているとしても、それを使用するのはあくまでも人間であるということを理解しなければなりません。

 

これまでに何度か説明していますが、ワキガや多汗症の手術には熟練した技術が必要になります。

 

どんなに新しい器具があるとしても熟練した経験がないと、使いこなすことができずに思わぬ事故を招いてしまうことがあります。

 

ワキガと多汗症の執刀経験はどれくらいか確認

ワキガと多汗症の執刀経験はどれくらいか確認

 

ワキガや多汗症の手術に限らないのですが、手術自体がコンピューターによる全自動というわけではないので、どうしても執刀医の技術力と経験に左右されてしまいます

 

手術方法が少ないという医師も問題ですが、経験の浅い医師がそのままで手術をするのはかなり危険です。

 

病院を開業する際には、どこかの病院で修行を積んでから開業するのが当たり前ですが、どこの病院でどんな実績を残しているのかを知っておくことも大事になってきます。

 

ワキガや多汗症の手術はただでさえ、汗腺の取り残しなどによって再発率は結構高いで、医師の経験というのは非常に重要になってきます。

 

カウンセリングの際にもそういった部分も突っ込んで聞いてみるといいと思います。

ワキガと多汗症の十分な症例数があるか確認!

 

2014y09m29d_145258959

 

ワキガや多汗症の手術は基本的には命に関わる病気と言うわけではないですが、手術は常に判断を迫られるようなものになります。

 

場合によっては容態の急変があったり、体質が他の人と違ったり、マニュアルと同じようにはいかないというケースも結構あります。

 

そういった意味でもしっかりとした手術の症例件数があるのかどうかというのは非常に大事になってきます。

 

よく出身大学でいいかどうか判断する人もいますが、手術は経験なのでそんなのはあまり関係がありません。

 

特にこういった外科手術の場合は症例数と経験数がものをいってきます。

 

手術では治すことはもちろんですが、再発させないことが非常に大切になり、それには技術が必要になります。

 

確実に汗腺を破壊するためには、皮膚からどれくらいの深さにアポクリン汗腺やエクリン汗腺があるのか、過去の経験から予測して、調整しながら手術を行います。

 

検査機器が発達している現代ですが、やはり職人的な勘が非常に重要になってくる手術になってきます。

 

間違っておかしなところを傷つけてしまうと、手術後に傷が残る可能性もあるので病院選びでは症例数は重要なファクターになります。

 

経験に自信のある医師は必ず執刀数を公言しています。それが信頼にも繋がるので当然ですよね。

 

逆にまったく執刀数を明らかにしてない場合や、カウンセリングで執刀数を聞いても答えが出てこないような場合は注意が必要だと思います。

 

こういった部分も病院選びの参考にするといいと思います。

医師の技術力を知るための具体的な方法

mesu

 

医師の技術力を知るにはやはり執刀経験を知ることは大事になってきます。カウンセリングで執刀数を聞いてみるのもいいですが、クリニックホームページや広告から探してみるのもいいと思います。

 

もちろん色々な病院を渡り歩いたというだけでは不十分です。技術的にレベルが高くて一般的にも高い評価を受けている病院で研鑽を積んできたのか知ることが大事になってきます。

 

では具体的に高い評価を受けている病院というのはどのような病院なのでしょうか?

 

具体的な病院名を挙げると、東京警察病院形成外科などがレベルが高い病院だとされています。

 

意外と知られてないんですけど、警察病院って本来は交通事故や災害、または手術などで残った傷跡を治療する施設になっており、日本での形成外科のパイオニアのような存在になっています。

 

そのため対象になるのも非常に手術が難しい患者が多いのが特徴になっています。手術が難しい症状が多いだけ出に医師が技術を身につけることができる病院だといえると思います。

 

こういった病院での勤務経験があるかどうかも、医師の選び方の一つの要素になってくるのではないでしょうか。

 

wakigataasesyourogo


wakigahikaku
asekakuhikaku
ワキガ多汗症手術徹底比較

 

タグ :   

病院の選び方

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る