多汗症とワキガ対策の方法

多汗症とワキガ対策の方法(手術なしで原因改善)

ワキガは欧米人にとって性フェロモンの一種!

読了までの目安時間:約 4分

汗や体臭が気になっているという方は非常に多いです。

 

体臭の中でも悩んでいる人が多い、ワキガについての認識について日本人と欧米人とでは違う事をご存知でしょうか?

 

欧米ではワキガは珍しいことではなく、およそ80%の人がワキガを持っているといわれています。

 

欧米人の場合は数十年にわたる肉食中心の食生活が原因とされていますが、そのことを気にしているようには見えませんよね。

 

それどころか、体臭さえも個人の魅力として捉えており、アピールしている風景を欧米では見かけます。

ワキガは性フェロモンの一種とされている

2014y04m10d_221723309

ワキガは腋のくぼみ部分のアポクリン腺から分泌される汗が原因とされていますが、ワキガが発生するのは第二次性微が認められる思春期以降のため、欧米人にとってはワキガも性フェロモンの一種と捉えられている風潮があるようです。

 

つまりワキガは性的に熟成していることを異性に知らしめるセックスアピールのアイテムと認識されているということです。

 

そういった意味で欧米では香水やオーデコロンは「体臭を消すもの」ではなく、体臭とブレンドさせていかに魅力的な匂いを発生させるかに関心をよせているように感じられます。

 

ただワキガの香水やオーデコロンでの消臭は注意が必要になって来ます。

 

上記のようにワキガひとつを取ってみても、欧米人の日本人との匂いの感覚というのが違うということがよく分かりますね。

日本ではワキガのニオイは目立ってしまう!

2015y07m16d_161505619日本人は欧米人などと違って体質的にも違ってくるので、元々体臭が強くは無いです。

 

昔から魚を主食としてきた民族なので、その結果体臭が強くなかったですが、近年は欧米の食生活が普通になってきてニオイが目立つようになってきてしまいました。

 

その結果、ワキガの遺伝子を持っている人のワキガのニオイが強くなってしまったのだと思います。

 

また最近はハーフの子供が増えてきているのでさらにワキガで悩む人は増えてくると思います。

 

ニオイの感覚が海外とは違っている日本ではワキガの人は住みにくい環境かもしれないですね。

 

とは言っても日本もこのまま国際化が進むとワキガのニオイが気にならなくなる国になる可能性があります。

 

欧米人や黒人などが大量に入ってくればそれだけワキガが特殊ではなくなってくるからです。

 

とは言ってもそれは今すぐということではないので、ワキガで悩んでいるなら下記から改善に役立つ商品を載せているので参考にしてはどうでしょうか。

 

※ワキガのとらえ方は民族によって違う

 

ワキガの考え方が日本と欧米で違うという事を知らない人は結構多いと思います。

 

欧米では汗の匂いなどえをフェロモンと捉えているようですが、日本の場合だと無臭や消臭ブームで汗の匂いがタブーになっている風潮があります。

wakigataasesyourogo


wakigahikaku
asekakuhikaku
ワキガ多汗症手術徹底比較

 

タグ : 

無臭や消臭ブームで汗の匂いがタブー

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る