多汗症とワキガ対策の方法

多汗症とワキガ対策の方法(手術なしで原因改善)

ワキガや多汗症の臭いの香水での効果とは?

読了までの目安時間:約 4分

臭いに関しては香りで何とか対処しようとするというのは、世界的に見ると非常に一般的な方法になります。

 

そもそも香水やオードトワレ、オーデコロンは体臭をマスキングするために欧米人が開発したと言われています。

 

欧米では一般的な香水ですが、日本人はこういったフレグランスに結構敏感ですよね。

 

特に男性の場合は仕事の場では香水などは使わないか、ごく少量だと思います。

 

女性の場合は男性ほどではないですが、それでもあまり強い臭いは受け入れられない傾向にあります。

 

こういったより強いニオイで元々のニオイを覆い隠すという方法は元をただすとフランスの王侯貴族たちの間で使われていた方法です。

 

当時の彼らはめったに着替えることもせず、入浴もしなかったみたいです。そのため発する体臭を隠すために香水文化が栄えたみたいです。

 

とは言ってもここは日本なのでそういった文化には慣れてない現状があります。

 

海外で有名なメーカーが開発したワイルドな香水が人気だったときも、日本では男女ともに不評だったと言うことがあるので、日本と海外とでは臭いについて基準が若干違うように思います。

ワキガや多汗症を香水で臭い対策

 

2014y09m03d_145247980

 

ワキガや多汗症の臭いで、香りで臭いをごまかすために香水やオーデコロンを使うと言うことを考えている人もいるのではないでしょうか。

 

軽度の体臭なら香水を使ってカバーすることは可能性です。香水は日常的に使っていると体臭となじむようになって、その人特有のニオイへと変わっていきます。

 

そのため、自身のニオイにマッチした香水を選ぶようにすると、体臭を魅力的な香りへと変貌させることも可能になります。

 

ワキガの臭いがあまり強くない場合は、強い香水を使う必要がないので、一つの選択肢になるかもしれません。

 

しかしワキガが強い場合には、かなり強い香りを選択しないといけなくなります。

 

ただこれでワキガや多汗症の臭いが抑えられたとしても、今度は香水への苦情が増えてくるようになると思います。

 

さらにまずいのがワキガと香水の臭いが混じって悪臭になるケースです。

 

そもそも香水は体臭と混じり合うことが前提になっている商品なので、体臭がありまえになっている諸外国では問題ないです。

 

しかし体臭への強い嫌悪感を持っている日本だとそういったことは許されません。

 

そもそも香りの強い香水自体を使うことが日本では許されないと考えていいかもしれません。

 

つまりワキガ対策として香水を利用するのは間違った方法だということです。

 

下記ではワキガや多汗症を手術なしで改善するための方法を提供しています。

 

ワキガや多汗症で悩んでいると言う人は下記から参考にしてみてはどうでしょうか。

 

wakigataasesyourogo


wakigahikaku
asekakuhikaku
ワキガ多汗症手術徹底比較

 

タグ :  

ワキガについて 多汗症について

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る