多汗症とワキガ対策の方法

多汗症とワキガ対策の方法(手術なしで原因改善)

ワキガや汗の臭いや体臭を軽減する洗い方を徹底解説

読了までの目安時間:約 11分
ワキガや汗の臭いや体臭を軽減する洗い方を徹底解説

すぐにでもできるワキガや多汗症の対策にはデオドラントを使うということの他には、ワキを清潔に保つという方法をもっとも多くの人が試みているのではないでしょうか。

 

実際にワキを清潔に保つことによって、ワキガや体臭対策にはどのような効果を示してくれるのでしょうか。

 

清潔に保つことはいいことだと何となくはわかりますが、具体的な効果について知りたい方は多いと思います。

 

また不潔にするとワキガが発症すると考えている人もいますが、実際にはどうなのでしょうか?

 

ここではワキなどを洗うことによるワキガや体臭対策効果と、臭い軽減効果の高い洗い方について解説しています。

 

体を洗って清潔にするとワキガは治るのか?

体を洗って清潔にするとワキガは治るのか?

 

ワキガという臭いが強い症状の場合には、不潔だからワキガになんてなるんだという噂があります。

 

しかしそれは本当のことなのでしょうか?

 

ワキガは確かに強い臭いを発生させますが、それと不潔ということはどういった関係があるのでしょうか?

 

結論から言うと、ワキガは不潔だからなるというのは大きな間違いです。

 

ワキガはこれまで説明してきましたが、アポクリン汗腺の汗や皮脂を細菌が分解して起こるものです。

 

参照:ワキガの原因について

 

しかもこの細菌は常に肌にいる常在菌によるものになっており、不潔だから臭いを発生させているわけではないのです。

 

反対に清潔にしていてもワキガが治るわけでないということを示していることになります。

 

ワキガで悩んでいる人はシャワーに多く入って普段から清潔にしようとしている人が多いです。

 

清潔にすることによって少しは臭いが弱くなることはありますが、ワキガが改善することはないです。

 

反対に体を洗いすぎると皮膚の炎症を招いてしまって逆効果になることもあるので注意してください。

 

ただワキを清潔にすることによってワキガの臭いを軽減する効果は期待できます。

ワキを洗って清潔にするとワキガや体臭の軽減効果がある

ワキを洗って清潔にするとワキガや体臭の軽減効果がある

 

上記のようにワキを洗ってもワキガが治ることはないですが、臭いを弱める効果は十分にあります

 

アポクリン汗腺からの汗を雑菌が分解して臭いを発生する前に、汗をぬぐい消毒用の軟膏を塗ったりして清潔にしておくという方法があります。

 

こういった方法は制汗効果や殺菌効果を狙うことができ、こまめに行うことによってかなりの効果をあげることができます。

 

ただこまめに行うと言うのは結構ネックなんですよね。

 

ワキの下の汗をぬぐったり、軟膏を塗ったりするのはなかなか人前ではできないような動作になります。

 

仕事などをしている場合は、汗をかくたびにワキをケアすることは現実的には難しいと思います。

 

またそんなことをしていたら仕事ではマイナス評価になってしまう可能性は非常に高いと言えるのではないでしょうか。

 

トイレで行うにしても限度があるので、効果はありますが、あまり現実的な方法とはいえないかもしれませんね。

 

また汗をかくたびに拭いたり消毒したりしていたら、皮膚への負担もかなり大きくなります。

 

とは言っても日常的にしっかりと体をキレイに洗うことによって雑菌をある程度は抑えることができるので十分に意味はあります。

ワキガや体臭対策でのNGな洗い方とは

ワキガや体臭対策でのNGな洗い方

 

ワキガや体臭の臭い軽減に効果的なお風呂での体の洗い方とはどのようなものなのでしょうか?

 

その前に、ワキガや体臭の臭い軽減のための洗い方としてダメな方法があります。

 

もしかしたらワキガのニオイが強かったり、体臭が気になるという人は洗い方を間違えている可能性があります。

 

下記でワキガや体臭の臭い軽減でNGな洗い方について載せているので参考にしてください。

 

ワキガや体臭対策でのNGな洗い方

    • 短時間で適当に洗っている
    • ゴシゴシと洗いすぎている
    • 石鹸を泡立ててない

短時間で適当に洗っている

当たり前の話ですが、短時間で適当に洗っているような状況だと、しっかりと汚れが落ちないのであまり意味がないです。

 

忙しくて毎日シャワーでお風呂を済ませてないですか?

 

お風呂にしっかりと入ることによって体の中から汗が出て、ワキの表面だけでなくしっかりと体の中から臭い対策を行うことができます。

 

ワキガの原因はアポクリン汗腺と雑菌なので、雑菌をしっかりと洗い流さないと臭い対策になりません。

ゴシゴシと洗いすぎている

お風呂の時間が短くて適当なのも問題ですが、ゴシゴシと洗いすぎるのも問題です。

 

ゴシゴシと洗うと汚れとニオイが落ちるように感じると思うので、ワキガの人は特にワキをゴシゴシと洗う人も多いのではないでしょうか。

 

しかし実際にはあまりにゴシゴシと洗ってしまうと、肌が乾燥してしまって、そのため体の方がその乾燥に反応して皮脂を過剰に分泌するようになります。

 

つまりゴシゴシと洗うことによって、逆に皮脂が出やすい体になっていっていると言う可能性もあります。

 

皮脂が増えるとそれをエサにしている雑菌が増えることになるので逆効果になります。

 

さらにワキをゴシゴシと洗うとワキの黒ずみの原因にもなるので注意が必要です。

石鹸を泡立ててない

体を洗う際に石鹸やボディソープを使っている人が多いと思いますが、その際にしっかりと泡立ててから洗っていますか?

 

意外と石鹸やボディソープを利用する際に泡立てが不足した状態で洗っている人が多いんですよね。

 

確かに石鹸やボディソープをそのまま滑らすように利用しても表面の臭いを消すことはできますが、泡状態にすることさらに肌に浸透するようになります。

 

泡が肌に浸透することによって、肌内部の方からもしっかりと洗うことができるのでもったいないです。

ワキガや体臭対策での洗い方のコツとは

ワキガや体臭対策での洗い方のコツ

 

ワキガや体臭の臭い軽減のためには上記のようなNGの洗い方をしないことが一番大事になってきます。

 

ワキガや体臭の臭い軽減のための洗い方のコツは3つあります。

ワキガや体臭の臭い軽減のための洗い方のコツ

    • しっかりと湯船につかる
    • ゴシゴシと洗わず優しく洗う
    • しっかりと石鹸を泡立てて浸透させる

 

具体的にはしっかりとシャワーだけでなくお風呂に入ることが大事になってきます。

 

お風呂に入ってしっかりと肌の表面だけでなく、内部までしっかりと湯船を浸透させて溜まった汚れを汗と一緒に落とすことが大事です。

 

湯船から出たらしっかりと石鹸やボディソープを泡立てて、ゴシゴシと洗うのではなく優しく洗うようにするのがコツです。

 

この時にしっかりと泡を肌に浸透させるようなイメージで洗うといいです。

 

具体的にタオルはナイロンなどの硬いものではなく、柔らかい木綿などの天然素材などを利用すると良いかもしれないですね。

 

 

ナイロンタオルを利用すると汚れが落ちるイメージがありますが、汚れが落ちすぎるとその後の皮脂分泌の原因になるので注意しましょう。

 

そして最後はしっかりと泡を落とすことが大事になってきます。

 

泡が残っていると肌にそれが刺激として残ったままになるので、肌トラブルに繋がる可能性があります。

ワキを清潔にすると消臭剤などの効果が高まる

ワキを清潔にすると消臭剤などの効果が高まる

 

ワキなどを普段から上記のようにしっかりと洗って清潔にしていると、ワキガ対策商品や消臭剤などの効果をしっかりと引き出すことができます。

 

ワキなどが不潔な汚れがある状態で、その上から利用しても異物が邪魔してワキに効果的に作用しない可能性もあるので注意が必要です。

 

肌に使用するものは事前にしっかりとキレイにした状態で利用した方が効果が高いのは当然のことです。

 

ワキをキレイに洗っても、ワキガが治ることはないですが、そのワキガの臭いを軽減したり、ワキガ対策に効果的な商品の効果を引き出す力はあるので、しっかりと上記のような方法を使ってワキを清潔にしておきましょう。

 

また下記ではワキガ対策商品を載せているので参考にしてください。

 

wakigataasesyourogo


wakigahikaku
asekakuhikaku
ワキガ多汗症手術徹底比較

 

ワキガや多汗症を手術なしで改善

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る