多汗症とワキガ対策の方法

多汗症とワキガ対策の方法(手術なしで原因改善)

ワキガ治療で保険適用される安い手術方法の口コミ評判

読了までの目安時間:約 14分
ワキガ治療で保険適用される安い手術方法の口コミ評判

ワキガ治療の方法は基本的には手術以外の方法はないと思ったほうがいいと思います。

 

ワキガのニオイ対策の方法なら、ワキガ対策の専用商品などを利用することで臭いを抑えることが可能ですが、治療となると手術しか方法はないんですよね。

 

そういったワキガを根本的に治療する方法になるのがワキガ手術の方法ですが、できるだけ安い価格で手術を受けるには保険適用されている手術方法を採用している病院を選ぶ必要があります。

 

ワキガ治療の最新手術方法は保険適用されない

ワキガ治療の最新手術方法は保険適用されない画像

 

ワキガ治療を行う場合に一番厄介なのが、最新の手術方法や比較的新しい手術方法は保険適用されないということです。

 

つまり安い価格で保険適用された最新の手術方法を受けることは不可能だということです。

 

そもそもワキガって病気ではなく体質なので、前提条件として普通なら保険治療は認められないんですよね。

 

ただ日本ではワキガによって精神的に追い詰められてしまう人がいるということで、健康問題という観点から取り扱われているということなります。

 

そのためワキガ治療で保険適用される手術方法は、昔から行われているワキをメスで切開するようなタイプの手術方法になります。

 

このワキを切開する手術方法は昔からあるオーソドックスな方法ですが、やはりメスによる手術痕が残るようになるので非常に厄介です。

 

またワキをメスで切開してまで手術したのに手術後に再発する可能性もゼロではないので注意が必要です。

 

そもそもワキガ手術で保険適用される病院や手術方法にはどういった基準があるのでしょうか?

ワキガ治療で保険適用されるには条件がある

ワキガ治療で保険適用されるには条件がある画像

 

ワキガ治療の手術で保険適用されるにはいくつかの条件があります。

 

その条件を満たしているような場合に保険適用されるので、保険適用されるのは限られた病院や手術方法だということになります。

 

つまりどの病院でも保険適用されるというわけではないということは知っておきましょう。

 

下記でワキガ治療で保険適用される基準について解説しているので参考にしてください。

 

ワキガ治療で保険適用される条件

    • 保険診療可能な病院であること
    • 医師がワキガであると認めること
    • 認められたワキガ手術方法であること

保険診療可能な病院であること

ワキガ治療で保険適用されている手術を行っているかどうかで一番の大前提が、この保険診療可能な病院なのかどうかということです。

 

病院なら保険診療可能なのが当たり前なのではないか?と思う人もいますが、美容外科などの場合には保険診療を一切行ってないところも普通にあります。

 

保険診療にすると保険が適用される分だけ、かなり安く治療を行うことができますが、その分だけ病院の採算性が悪くなるという背景があります。

 

またワキガ治療が病気ではなく美容の要素が強いということもあり、保険を認めてないとこもあったります。

 

ワキガ治療の場合には、保険治療がない病院だからといって悪い病院というわけではないので注意しましょう。

医師がワキガであると認めること

ワキガ治療で保険適用される手術をするためには、しっかりと医師の診察を受けて、手術が必要なくらい重度なワキガであると医師が認める必要があります。

 

保険適用を受けるのに医師の認可が必要だというのは何となく理解できるのではないでしょうか。

 

ただニオイの判断って人によってブレたりするんですよね。

 

つまりA病院の医師にワキガ治療の診察を受けたら手術の必要はないと言われたが、B病院の医師にワキガ治療の診察を受けたら保険適用の手術が認められたというケースもあります。

 

ニオイは人によって感じ方が違ったりするので、どうしても保険適用されたワキガ手術を受けたいような場合には、複数のワキガ保険適用の病院で診察を受けるようにするといいかもしれないですね。

認められたワキガ手術方法であること

ワキガ治療の保険適用で一番のネックになるのが「ワキガ手術の限定」というこの条件です。

 

つまりワキガの保険適用では、認められた手術方法でないとダメだということなんですよね。

 

そのため比較的新しい手術方法や最新の手術方法はすべて保険適用が認められてないです。

 

つまりワキガ治療で最先端の手術方法を行っている所は全て保険適用されないということなので非常に厄介です。

 

ワキガ治療では、保険適用される安い手術痕の大きい手術方法を選ぶか、手術痕が残らず体への負担も小さい手術方法を選ぶかという2択になります。

保険適用される安い手術方法について

保険適用される安い手術方法画像

 

ワキガ治療の手術方法で保険適用される手術方法は具体的にどういった方法なのか気になっている人も多いのではないでしょうか。

 

保険適用されるワキガ手術方法は「剪除法」や「吸引法」などの手術方法になります。

 

多くの病院では「剪除法」が行われているので、保険適用される手術方法と言えば「剪除法」と思ってもらっていいと思います。

 

何度も書いているように保険適用される手術方法は昔の手術方法なので、費用や料金が安い以外にオススメできる理由はないです。

保険適用される剪除法というワキガ手術法とは

剪除法はワキガ手術の中でもかなり古いタイプの手術方法になります。

 

剪除法の前には切除法というワキガ手術の方法があったのですが、その手術方法をするとワキが上がらなくなってしまったり、生活面で色々な副作用が出るようになって生まれたのが剪除法になります。

 

つまり一番初期のワキガ手術方法から一歩進化したくらいのワキガ手術の方法になります。

 

手術方法は単純で、メスでワキを切開して、ワキガの原因になっているアポクリン汗腺を切除していくという感じになります。

 

とは言っても汗腺を切除するためにワキをがっつりと切開するので手術傷が大きくなったりするので女性にはあまりオススメできないです。

 

またアポクリン汗腺の分布状況によって傷の大きさが違ってくるので場合によってはかなり大きな手術痕になる可能性があります。

 

参照:剪除法によるワキガ手術方法のメリットデメリット

保険適用されたワキガ手術の口コミや評判

保険適用されたワキガ手術の口コミや評判画像

 

保険適用されるワキガ手術方法としてよく行われている剪除法という手術方法ですが、実際に手術をした人はどのような口コミや評判を残しているのでしょうか。

 

下記で剪除法での手術を行った人の口コミや評判の一部を載せているのでよかったら参考にしてください。

 

 

20代女性

夏を前にできるだけ安い価格でワキガを治したいと思って保険適用される病院で手術を行ったのですが、正直言って後悔しています。

 

手術によって汗とワキガのニオイはなくなったのですが、手術痕が凸凹になってしまって、ノースリーブなどの服を着れる状況ではないです。

 

正直言ってあまり安易に手術費用が安い病院で手術しないほうがいいと思います。

 

30代男性

営業の仕事をしているのでワキガが以前から気になっていたので、保険適用できる病院で思い切って手術したのですが、今のところは問題ないです。

 

手術後の回復時間が思ったよりもかかったのが予想外でしたが、ワキガの再発はなくニオイのなくなっているようなのでよかったと思います。

 

手術傷はありますが、ニオイが除去できたのでとりあえずは満足です。手術からの回復に思ったよりも時間がかかったので、そういった部分をもっと考慮すればよかったかなとおもいます。

 

30代女性

剪除法でのワキガ手術を受けたのですが、まだニオイが残っているように思います。料金は安かったのですが、これでは意味がないです。

 

むしろワキに手術の傷が残ってしまったのでマイナスです。手術でもワキガのニオイがなくならないというのはちょっとショックですね。

 

再手術を検討しているのですが、剪除法ではニオイが除去できなかったので、次は最新の手術方法を検討しています。これから最初から最新の手術方法を利用していればいよかったと思います。

 

ワキガ手術では再発する可能性もありますが、剪除法では再発した場合でも手術痕が残るということで、手術によって結果が0になったのではなくマイナスになったと感じる人もいるようです。

 

また手術からの回復にも時間がかかると感じるという口コミや評判もありました。

 

こういった口コミや評判も参考にして利用するかどうか検討してはどうでしょうか。

ワキガ治療で保険適用された場合の手術費用や料金

ワキガ治療で保険適用された場合の手術費用や料金画像

 

ワキガ治療で保険適用されると、どれくらい手術費用や料金が安くなるのか興味のある人も多いのではないでしょうか。

 

病院によっても料金は違ってきますが、かなり料金や費用は安くなります。

 

剪除法の場合の保険適用での手術費用と料金

保険適用前 20万円から30万円

保険適用後 5万円前後くらい

 

あくまでも相場ですが、保険適用によって数万円程度に料金を抑えることが可能になります。

 

こうして見るとワキガ治療で保険適用を気にする人が多いも納得ですね。

 

もっと保険適用される手術の種類が増えると利用しやすいのですが、ほとんど剪除法しかないような状況だと女性は利用しにくいですよね。

保険適用のワキガ手術と最新ワキガ手術治療の差とは

保険適用のワキガ手術と最新ワキガ手術治療の差

 

保険適用のワキガ手術と最新のワキガ手術の治療にどの程度の差があるのか気になっている人もいるのではないでしょうか。

 

そもそも保険適用されるワキガ手術が昔の手術方法だったとしても、最新の手術方法とそこまで大きな違いがないなら、保険適用される手術を利用したほうがいいのではないかと思うのは当然のことです。

 

しかし今のワキガの最新手術方法と、保険適用されるワキガ手術ではかなり大きな違いがあるんですよね。

最新のワキガ手術方法はメスを使わない

保険適用されるワキガ治療の方法と最新のワキガ治療の大きな違いは、メスを使うかどうかという部分になります。

 

そもそも最新のワキガ治療はメスを使ってワキを切開せずにワキガ治療が行えるんですよね。

 

これって大きなメリットで、メスで体を切らないので、手術痕が残らないのはもちろんですが、手術後は日帰りで家に帰ることもできます。

 

さらに翌日には普通に会社にも出勤することができるので、ワキガ手術したことを周りに知られる可能性もないです。

 

女性の場合には手術後の事を考えると保険適用でのワキ治療はあまりオススメできないですね。

 

下記でワキガ手術に対応した病院についていくつかピックアップしているので好かったら参考にしてください。

wakigataasesyourogo


wakigahikaku
asekakuhikaku
ワキガ多汗症手術徹底比較

 

手術によるワキガと多汗症治療

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る