多汗症とワキガ対策の方法

多汗症とワキガ対策の方法(手術なしで原因改善)

ワキガを自覚しているなら大学や就職前に治療しよう

読了までの目安時間:約 7分

女性は非常に臭いには敏感ですよね。特にワキガなどは女性のほうが多いので自分はどうなのか気になっている人は多いです。

 

女性との間でちょっとしたきっかけで「臭い」と言われてるとそれから気になってしまう人が多いようです。

 

ワキガの場合は遺伝的な要因が強いので父や母がどうなのかも気にする人もいます。

 

大学や社会に出ると異性との飲み会も増えてくるので、自然と自分の体臭が気になることもあると思います。

 

特に社会に出ると仕事柄で接客が必要な場合があるので、その際に臭いと言うのはさらに深刻に考えてしまうことがあります。

 

人によっては臭いが気になって鬱病になることもあるので注意が必要です。

大学進学や就職を前にワキガ治療する人は多い

大学進学や就職を前にワキガ治療する人は多い画像

 

大学進学や就職する前の学校が休みの期間中にワキガ治療を行う人は少なくないです。

 

進学したり就職してしまうと、ワキガ治療に使える時間が制限されてしまうので、大学進学や就職前の休みの期間を利用してワキガ手術をして治療を行なう人は珍しくないです。

 

上記のように新しい環境になってワキガなどの問題を抱えていると人間関係が上手くいかなかったり、営業や接客の仕事をする場合には、ワキガが足かせになってしまうので早めに対策する必要があるというのは当然のことです。

 

ワキガについては病気ではなく体質なので、そのままにしていても自然治癒するというものではないです。

 

そのため時間ができたら早めに治療や対策を行うようにするといいです。

 

また自分がワキガなのか自覚が曖昧な場合には医師などの専門家の話を聞くようにするといいです。

自分で気にするより客観的な意見を聞こう!

 

2014y06m11d_152823437

 

ワキガは自分で臭いがわからないということを知っている人が多いので、自分が臭いのかどうかわからず、ずっと悩んでいる人は多いです。

 

そういう場合は専門家に意見を聞くというのは大事だと思います。

 

実際に病院ではワキガで来院する人の9割は女性と言われているので、思い切って行ったほうがいいと思います。

 

臭いについては、安心できる基準と言うのが自分で見つけられないのが不安を増大させるのが特徴です。

 

悩むとそれだけストレスが溜まってさらに臭いが強くなるという悪循環になってしまう可能性があります。

 

自分でワキガをセルフチェックする方法もありますが、やはり一番確実なのは医師に確認してもらうことです。

 

ワキガ手術を行う前のカウンセリングでは本当にワキガであるのか医師がチェックしてくれるので、そこで確認するといいと思います。

ワキガを自覚している人のワキガ手術方法

ワキガを自覚している人のワキガ手術画像

 

ワキガ手術を検討する際に大事になってくるのは病院や医師選びになります。

 

ワキガを自覚しているような場合には、それまでいくつかの対策方法を試してきていると思います。

 

そうした結果ワキガの手術を検討する人が多いですが、手術費用が高額なのでなかなか手術に踏み切れない人も多いです。

 

あとは大学や就職前にワキガ手術をして、手術の影響が進学後や就職後に引きずらないかのか心配する人もいます。

 

ただワキガ手術については進化しており、メスを使わない手術方法も出てきているので、進学後や就職後まで手術による影響が出るのか不安に感じているならメスを使わない手術方法「ミラドライ」や「ウルセラドライ」を検討するといいと思います。

 

特にミラドライについては「モニター制度」という安く施術を受けられる制度を設けている所もあるので、費用が心配ならこういったものを利用するといいと思います。

手術費用がない場合にはワキガ専用の対策商品を利用しよう

手術費用がない場合にはワキガ専用の対策商品画像

 

ワキガを自覚しており、できれば根本的な治療ができる手術でワキガ治療を行いたいという人も少なくないですが、ワキガ手術は基本的には保険適用されないので費用が払えないという人は少なくないです。

 

一部の手術方法は保険適用されることがありますが、保険適用される手術方法は昔のワキガ手術方法で、傷口が大きく合併症の危険などもあるので普通はオススメできないです。

 

そういったことからワキガ手術については、しっかりと最新の治療を受けようと思ったら30万円くらいは費用が必要になってきます。

 

ただ大学進学前や就職前の状況だと、そういった費用が用意できないということも普通にあります。

 

また、ワキガは自覚しているけど手術までは踏み切れないという人も多くいます。

 

そういった場合には市販の消臭剤ではなく、ワキガ専用の対策商品を利用するようにするといいです。

 

市販の消臭剤はワキガに対応してないので、消臭効果が弱く、効果持続時間も短いです。

 

ただ専用のワキガ対策商品は消臭効果が高く効果時間も長いです。

 

そのため手術で根本的な治療をするまでは専用のワキガ対策商品を利用すると臭いを抑えられます。

 

ワキガを自覚していると不安になりますが、しっかりと対策をしているとそういった不安を感じずに生活することができるので、ためして見てはどうでしょうか。

 

下記ではワキガ対策商品や、ワキガ手術に対応した病院について解説しているのでよかったら参考にしてください。

wakigataasesyourogo


wakigahikaku
asekakuhikaku
ワキガ多汗症手術徹底比較

 

タグ :  

ワキガについて

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る