多汗症とワキガ対策の方法

多汗症とワキガ対策の方法(手術なしで原因改善)

汗かきや多汗症で仕事中に大量の汗が出る場合の対策法

読了までの目安時間:約 8分

汗かきや多汗症の影響で仕事中に影響が出てしまってい困っているという悩みは女性や男性どちらの場合にも増えてきています。

 

昔から汗っかきだなと思っていて、社会人になるとその汗の量の多さから多汗症だと理解した人もいるのではないでしょうか。

 

多汗症で困るのは日常生活もそうですが、仕事や通勤で困ることが多いという方が多いです。

 

会社の重要な書類に汗がこぼれ落ちてにじんでしまったと言う経験がある方もいるのではないでしょうか。

 

また日常生活ではお葬式に行った際に汗が涙と勘違いされたり、色々と微妙な経験をすることも多いです。

 

特に女性の場合はブーツなどを履くケースもあると思いますので、その際にはブーツの中が湿ってしまって困っているという女性もいます。

 

仕事中の大量の汗で周りへの迷惑を気にする人は多い

仕事中の大量の汗画像

 

汗かきや多汗症などの影響で、普段から汗の量が多いという人は珍しくないですが、仕事で営業の仕事をしていて外回りをしていると何時間も汗をかいた状態のシャツを着ていることも珍しくないです。

 

頻繁にシャツを着替えられるといいですが、仕事中の場合だとすぐに着替えるということができず困っている人は多いです。

 

また近年ではスメルハラスメントなどの問題もあったりして、自分が汗臭くて周りに迷惑をかけているのではないかと不安に感じたりします。

 

さらに営業で外回りをしている人は汗のニオイによって、取引相手に悪印象を与えているのではないかと不安に思ういとも多いです。

 

意識的に汗を止められればいいですが、汗を意識的に自分で止めることは不可能なので対応に苦慮している人は多いです。

 

そんな仕事中の汗対策はどのようにすればいいのでしょうか?

汗かきや多汗症は経済的な負担も大きい

汗かきや多汗症は経済的な負担も大きい画像

 

多汗症で仕事で困ると言うことは意外と多いです。

 

上記で説明した書類の件もそうですが、仕事中や仕事相手と打ち合わせをしている際に、大量の汗のせいで具合が悪いと思われて、相手に気を使われてしまったりなど、対人関係の障害が結構多いです。

 

またジャケットのクリーニングの代金も結構かかるようになります。

 

多汗症の場合は汗ワキパッドくらいではすぐにグチャグチャになってしまうので、あまり効果は期待できないです。

 

そのためジャケットやスーツを汗抜きの特別クリーニングにこまめに出すようになり、金額がかなりのことになっているという方も多いです。

 

汗対策で仕事以外の体臭や汗ジミなどに気を取られてしまうこともあり、なかなか仕事に集中できないこともあり、止めたいと思っている人は多いです。

汗かきや多汗症の仕事での対策方法とは

汗かきや多汗症の仕事での対策方法画像

 

汗かきや多汗症は上記のように仕事に影響が出るだけでなく、クリーニング代や汗ワキパッドなど経済的な影響もあるので、何とか効果的な対策方法はないのかと考えている人は多いです。

 

汗のニオイ対策ではシャツをこまめに替えたりタオルなどを使ってこまめに拭ったりなどの方法が一般的です。

 

また汗を止める方法自体は色々な方法があります。

 

下記でいくつかの方法を載せているのでよかったら参考にしてください。

市販の消臭剤や制汗剤を使用する

一番お手軽な方法は市販の消臭剤や制汗剤を使用するということだと思います。

 

汗の量がそこまで深刻でない場合には市販の消臭剤や制汗剤で十分に対処することができると思います。

 

ただ繰り返し市販の消臭剤や制汗剤を利用するような状況だと、消臭剤や制汗剤では効果が足りないということなので使用や控えた方がいいです。

 

あまり頻繁に消臭剤や制汗剤を利用していると、肌が荒れてしまって消臭剤や制汗剤を使用するどころではなくなってしまう可能性があります。

 

参照:市販の消臭剤や制汗剤の効果

ボトックス注射などで汗を止める

病院で汗を止める方法として一般的なのがボトックス注射で汗を止めるという方法です。

 

ボトックス注射はボツリヌス菌を利用した多汗症対策の方法になっており、病院での対策方法としては一般的です。

 

ただずっと効果が持続するわけではなく、ある程度の期間がきたら効果はなくなる期間限定の制汗効果になります。

 

また注射なので、ワキや手や足などの局所的な汗を止めるのに効果的ですが、体全体から汗が出てくるような場合には対処できないです。

 

参照:ボトックス注射について

手術で汗腺を除去して汗を止める

汗が出る汗腺を除去して汗が出てくる場所をなくしてしまうという方法になります。

 

ちょっと乱暴な方法ですが、汗が出てくる汗腺を除去してしまえば汗を止めることができるので根本的な治療になります。

 

ただこの方法もボトックス注射と同様で、ワキや手足など局所的に大量の汗が出てくるような場合に効果的な方法なので、体全体から汗が出てくるような場合には利用できないです。

 

まさか体の汗腺をすべて除去するわけにはいかないので、ワキ汗が大量に出るなどの、体の一部から大量の汗が出るなどの症状で悩んでいる場合には検討するといいです。

 

参照:汗かきや多汗症の手術について

汗対策の専用商品を利用して止める

市販の制汗剤などよりも強力な汗対策商品も存在します。

 

汗かきや多汗症などによって汗が大量に出る人が利用する対策方法としては汗対策の専用商品を利用するというのが一番現実的な方法だと思います。

 

汗対策の専用商品は塗って利用するタイプの商品と、飲んで利用するサプリタイプの商品があります。

 

特に飲んで汗を止めるタイプの制汗サプリは全身の汗対策に効果を発揮してくれるのでかなり使い勝手がいいと思います。

 

私も利用しており、制汗サプリと塗るタイプの商品を併用して利用するとかなりの効果を発揮してくれます。

 

暑い時期の仕事もこの組み合わせで十分に乗り切れると思います。

 

下記で汗対策の商品について載せているので良かったら参考にしてください。

wakigataasesyourogo


wakigahikaku
asekakuhikaku
ワキガ多汗症手術徹底比較

 

タグ : 

ワキガや多汗症を手術なしで改善

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る