多汗症とワキガ対策の方法

多汗症とワキガ対策の方法(手術なしで原因改善)

子供のワキガ手術とニオイ対策方法を徹底解説

読了までの目安時間:約 8分

子供のワキガ対策方法について悩んでいる人は多いです。

 

男子学生の場合ならまだしも、女子学生でワキガということになると同性の女子からのいじめなどもあるようです。

 

まだ学生のときにワキガになると対処法はある程度限られてくるので、なかなか対処が難しいのが現状です。

 

こういった子供のワキガ対策の方法について、オススメの手術方法を含めて載せているので参考にしてください。

 

具体的にどういうことかというと、たとえばワキガの臭いを他のにおいで押さえるにも、学生の場合だと限度があります。

 

では手術で改善すると言うのはどうなのでしょうか?

 

子供のワキガの手術による治療

 

2014y05m31d_173341179

 

学生生活の中でワキガになってしまう、学生の方も出てくると思います。

 

学生の場合だとワキガによるいじめがあり、そのため親御さん経緯から手術を検討する方もると思います。

 

学生時代からワキガが発生するのは遺伝的な要因が多いようです。

 

学生などの若い人の場合は、成長途中なので手術で汗腺を除去しても、その後に新しい汗腺がが発生する可能性が高いです。

 

つまりは再発する可能性が高いということです。

 

手術によってワキガのニオイが完全になくならないような場合でも、ある程度は臭いを抑えることができるのでまったく無駄にはならないですが、そこまでニオイが強くないようなら無理して手術を行う必要はないと思います。

子供のワキガ手術はメスを使わない手術方法がオススメ

ワキガ手術しか根本的なワキガ治療の方法がないということで、どうしてもワキガ手術を行いたいと思っている親御さんも少なくないです。

 

ただその際にはしっかりと手術方法は吟味するようにしましょう。

 

ワキガ手術の方法って色々な種類があり、時代と共に手術方法も進化してきています。

 

昔のワキガ手術はメスでワキを切開して汗腺をごっそりと除去して、最後に皮膚をつなぎ合わせるという方法でしたが、この方法だと腕が上がらなくなったりワキに傷ができるなどの後遺症があったりしました。

 

しかし現在はメスを使わないワキガ手術方法ができているので、子供の場合には「ミラドライ」や「ウルセラドライ」などのリスクの低い手術方法を選択しましょう。

 

こういった最新の手術方法は保険適用されないですが、後遺症などのことを考えるとこういった手術方法を選択したほうがいいです。

 

逆にこういった手術方法を選択できない場合はワキガ手術は諦めた方がいいと感じます。

日常生活でできる子供のワキガ対策の方法とは

日常生活でできる子供のワキガ対策の方法画像

 

子供のワキガの根本的な治療方法は手術しかないですが、日常生活でワキガの臭いを抑える方法は色々あります。

 

ワキガのニオイの原因は、アポクリン汗腺から出る汗が雑菌によって分解されることで発生します。

 

そのためアポクリン汗腺からの汗か、雑菌のどちらかを対策すればワキガのニオイが広がるのを抑えることができるということです。

 

他にも色々な対策方法があるので下記を参考にしてください。

子供の食生活がワキガ対策に繋がる

ワキガに限ったことではないですが、脂っこいものばかり食べていると体臭が強くなるというのは何となく理解できると思います。

 

高脂肪食品は汗腺を刺激するのでアポクリン汗腺が活発化する原因になります。

 

そのため香りが強い食品や、動物性脂肪が多く含まれているような食べ物ばかりを与えないようにすることがワキガ対策につながります。

 

日常の食生活は子供のワキガ対策に直結するので、こういった基本的な部分には気をつけるといいです。

 

参照:ワキガ対策に繋がる食生活

普段から清潔にすることがワキガ対策になる

ワキガを含めてニオイ対策のためには清潔にすることが、一番簡単にできる対策方法になります。

 

上記でも載せましたが、ワキガのニオイはアポクリン汗腺の汗が雑菌によって分解されることが発生します。

 

汗は生理的な反応なので、自分で抑えることは難しいですが、雑菌の繁殖などを抑えることは可能です。

 

普段からワキを清潔にしておくことで雑菌の量を抑えることができるので、それだけアポクリン汗腺からの汗を分解する雑菌を減らすことができるということです。

消臭剤や制汗剤は市販のものを使わないようにしよう!

ワキガの人はニオイ対策の為に、市販の消臭剤や制汗剤などを利用している人もいますが、効果に満足していますか?

 

基本的に市販の消臭剤や制汗剤って、ワキガのニオイには対応してないのであまり効果を実感してない人の方が多いのではないでしょうか?

 

少しの時間は効果があったとしても、効果の持続時間は短いです。

 

そのため頻繁に消臭剤などを利用するのですが、子供の場合には皮膚が弱いので、消臭剤を頻繁に使っていると皮膚が荒れてしまって逆効果になります。

 

基本的に市販の消臭剤や制汗剤は肌への刺激が強いので、あまり頻繁に子供が使うのはお勧めできないです。

 

参照:ワキガへの消臭剤や制汗剤の効果について

ワキガ手術以外の対策方法は専用商品の利用

ワキガ手術以外の対策方法は専用商品の利用画像

 

ワキガでの市販の消臭剤や制汗剤は、肌への刺激や効果持続時間が短いことから利用するのはおすすめしないです。

 

ただワキガ専用の消臭剤などは積極的に活用するといいと思います。

 

ワキガ専用の消臭剤は、ワキガのような強い臭いを抑えこめるだけの効果があるので、ワキガ以外のニオイ対策にも幅広く使うことができます。

 

また、効果持続時間も長いので学校にいる間は効果の持続は可能だと思います。

 

市販の消臭剤などよりは値段が高いですが、肌に優しいつくりになっているものが多いので、消臭剤などによる肌荒れを懸念せずに利用することができます。

 

下記でワキガ対策の消臭商品を紹介しているので参考にしてください。

 

いきなり手術をして傷を残る可能性や再発の可能性でビクビクするよりは、まずはワキガ対策商品を利用して、その効果を見てから手術するか検討してはどうでしょうか?

 

まずは下記から詳細情報を参考にしてください。

wakigataasesyourogo


wakigahikaku
asekakuhikaku
ワキガ多汗症手術徹底比較

 

タグ :    

オススメ記事 ワキガについて

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る