手汗と湿度との関係について説明しています。

多汗症とワキガ対策の方法(手術なしで原因改善)

手汗と湿度は大きな関係がある(雨の日は汗が減る?)

読了までの目安時間:約 4分

手汗が大量に出てしまうタイプの多汗症困っている人は多いですが、人によっては天気や湿度によって汗の出る量が違っていることに気が付いている人もいるのではないでしょうか。手汗と天気や湿度にはどのような関係があるのでしょうか。

手汗に限らず汗は自分ではコントロールできないので、天気や湿度によって汗の量が違ってくると、どこに原因があるのか知りたいと思う人も多いと思います。

 

もしかしたら何か自分の手汗を止められる契機になるのではないかと期待している人もいるのではないでしょうか。

 

では具体的な手汗と天気や湿度にはどのような関係があるのでしょうか?

手汗は湿度が高いと出にくくなる?

2016y03m30d_144740487手汗と天気や湿度が関係していると言われている要因としてあるのは「雨の日」に手汗が出にくくなるということです。

 

湿度が高いとジメジメしているので、逆に手汗が出やすくなるのではないかと普通の人は思っている思いますが、実際に手汗で悩んでいる人は逆で手汗をかきにくいと感じている人がいます。

 

雨の日なら気温が低くなっているので、温度が関係あるのでは?と思うのが普通だと思いますが、実際には温度は関係ないです。

 

もちろん人によってはジメジメしている日の方が手汗をかくと言う人もいますが、そこには手汗のタイプが関係しています。

 

手汗の中でも精神性発汗タイプの手汗が、雨の日などの湿度が高い日に汗が出にくくなるという口コミがあります。

 

では雨の日の手汗量の減少と精神性発汗の手汗の減少はどのような喚起柄があるのでしょうか?

手汗の精神性発汗には気圧が関係している!

situdo雨の日の手汗量の減少と精神性発汗の手汗の減少には気圧が関係していると言われています。

 

雨の日の天気だと気圧が低下しているので、これが汗の量の減少に一役買っているのではないかと言われています。

 

気圧が低下すると交感神経と副交感神経のバランスが安定するので、これが手汗の量を減らす要因になっていると言われています。

 

参照:精神性発汗と交感神経・副交感神経について

 

精神性発汗は交感神経と副交感神経が大きく関係しているので、雨の日で気圧が低下していると、この部分に良いように作用して手汗などが抑えられるのです。

 

気圧が関係しているとなると、すぐに手汗などの対策に利用するのは難しいかもしれないですが、将来的には精神性発汗の改善の材料になる可能性はあるかもしれないですね!

 

逆に手汗や足汗、脇汗で悩んでいて、雨の日などに汗の量が減っているようなら精神性発汗なのではないかと判断する判別法としてはすぐに利用できるかもしれないです。

 

精神性発汗に限らす、汗の量が異常で困っているようなら下記の多汗症対策商品を参考にしてください。即効性があるので、普段の生活が非常に楽になると思います。

wakigataasesyourogo


wakigahikaku
asekakuhikaku
ワキガ多汗症手術徹底比較

 

多汗症について

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る