多汗症とワキガ対策の方法

多汗症とワキガ対策の方法(手術なしで原因改善)

日本人が汗の臭いや体臭に敏感な理由とは?

読了までの目安時間:約 4分

日本人は欧米人と比べて匂いに敏感なのはこちらで説明しています。

 

実際にワキガの発症率でも欧米では8割の人がワキガを持っているのに対して、日本人は1割くらいになっています。

 

こういったワキガが日本では少数派というのも気にされる原因の一つになります。

 

ただ他にも日本人が臭いや体臭に敏感になっている原因はあります。

 

私も昔よりもちょっとしたニオイに敏感になっているような感じがしますね。実際にスメルハラスメントという言葉が注目されるようになったのは最近ですよね。

 

昔からスメルハラスメントのようなことはあったと思いますが、近年は特にこういった問題が注目されやすくなっているように思います。

 

こういったニオイの問題があるのでニオイに気を遣う人が増えてきて日本は臭いが目立ちやすいという現状あるように思います。

日本は臭いが目立つようになっている

2014y04m13d_011534200

 

職場や学校で不特定多数の人と接していれば、臭いに対して無関心でいることはできません。

 

他にも通勤や通学でのバスや電車内でも臭いは周囲に流れます。

 

臭いについての不快感というのは非常に強烈で、周りではどうすることもできないので、周囲からは迷惑と思われることが多いです。

 

実際に夏場の電車ではワキガや汗のニオイが酷いことがあり、もしかして自分のニオイではないかと不安に感じたことがある人もいるのではないでしょうか。

 

ではどうして日本ではそこまで臭いが目立つのでしょうか。

 

昔の日本は路地裏では腐敗臭が漂い、郊外の農村部では肥料などの醗酵の臭いがしたりします。

 

しかし今はそういった異臭や悪臭がなくなっています。

 

つまり日本が清潔になりすぎているのが、臭いが目立つ原因になっていると言えると思います。

 

実際日本人は非常に身ぎれいになっており、普段から消臭に気を付けている人が多いです。特に近年ではかなり精度の高い消臭剤や制汗剤も出ているので普段から使用している人も多いのではないでしょうか。

 

それがさらに日本人の消臭意識を強くしていると考えられます。

 

ただそうなることによって他者に対する臭いについての寛容性がなくなってきており、体臭について敏感になってきているのだと思います。

 

私も以前はワキガで悩んでおり、現在はかなりニオイがなくなりましたが、今でもしっかりと体臭対策は行っています。

 

下記で私が効果が高いと感じたワキガや汗対策の商品をレビューしているので参考にしてはどうでしょうか。

 

※清潔な日本では臭いが目立つ

 

日本は町が非常に清潔なので、臭い自体が非常に目立つようになってしまっています。

 

日本の清潔な生活が臭いについての寛容性を薄くしてしまっており、体臭に敏感になってしまっているのです。

wakigataasesyourogo


wakigahikaku
asekakuhikaku
ワキガ多汗症手術徹底比較

 

タグ :   

無臭や消臭ブームで汗の匂いがタブー

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る