多汗症とワキガ対策の方法

多汗症とワキガ対策の方法(手術なしで原因改善)

日本人は汗の臭いがあるのはタブーになっている

読了までの目安時間:約 4分

欧米では体臭や汗のにおいやワキガがあるのが当たり前になっており、香水やオーデコロンは自分の体臭とブレンドさせていかに魅力的な匂いにするかということになっています。

 

しかし日本の場合は汗や体臭の臭いはタブーになっていますよね。

 

日本人の場合、ワキガや体臭についての状況はどうなっているのでしょうか?

 

まずは下記から日本人の体臭についての状況をご覧ください。

 

日本人のワキガ発生率について

2014y04m13d_000632965

 

欧米人の場合は大体80%の人がワキガを持っていると言われています。

 

では日本人の場合はどうなのでしょうか?

 

日本人のワキガ発生率は10%~15%くらいになっており、欧米人と違ってワキガは少数派ということになります。

 

日本という国が高温多湿なので汗をかきやすくなっているので、入浴習慣が定着しています。

 

そのため日本では毎日お風呂に入るのがあたりまえになっていると思います。

 

ただ欧米の場合だと、気温が高くても湿度が低いので、汗をかきにくいので、毎日お風呂に入る習慣はないです。

 

そのため日本人は欧米人と比べて匂いに敏感になっているのかもしれません。

 

そういった状況から日本では「臭いを発生させない」ことがマナーになっているように思います。

欧米と日本ではニオイの感じ方が違っている!

gaizin日本ではワキガの人が少数派なのでどうしてもワキガのニオイが目立ってしまうんですよね。

 

欧米のように多数派ならワキガのニオイが当たり前の世界なので、ワキガだったとしても、ニオイに慣れてしまってそこまで気にならないかもしれないですが、日本だとそうはならないということです。

 

近年は特にスメルハラスメントと呼ばれる言葉が出てきているくらい、ニオイに敏感な時代になっているので、しっかりとしたケアが大事になってきます。

 

実際に欧米人のワキガの考え方は日本人とは違っている部分があるので「国が違えば文化が違う」というのはこういった部分でも当てはまるんだなと改めて実感できると思います。

 

ちなみに下記ではワキガや汗っかきの対策商品を載せているので参考にしてください。

 

市販の商品よりも効果が強くて、効果の持続時間が長いものを中心に載せているので参考になると思います。

 

※ワキガは欧米では多数派だが日本では少数派

 

ワキガで悩んでいる人が多いのはワキガが日本で少数派だからというのが大きな原因の一つです。

 

欧米では多数派なのである意味ではワキガは普通なことなのです。

 

ただ日本で生活していく以上はそういったワキガや汗の体臭などが気になるのは無理ない事です。

 

そこで当サイトでそんな汗の臭いや体臭、ワキガを改善する方法を参考にしていください。

wakigataasesyourogo


wakigahikaku
asekakuhikaku
ワキガ多汗症手術徹底比較

 

タグ :   

無臭や消臭ブームで汗の匂いがタブー

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る