多汗症とワキガ対策の方法

多汗症とワキガ対策の方法(手術なしで原因改善)

汗かきと多汗症の違い何?汗が大量に出るならチェックしよう!

読了までの目安時間:約 9分
汗かきと多汗症の違い

汗かきや多汗症はどちらも汗が大量出るという症状ですが、汗かきと多汗症では症状の出方が違ってきます。

 

どちらも汗が大量に出てくるという症状に違いはないですが、汗が出る状況については違いがあるので知っておくといいと思います。

 

まずは汗かきと多汗症とはそもそもどのようなものなのかという基本的なところから知っておきましょう。

 

自分が汗かきなのか多汗症なのかの判断材料になると思うのでご覧ください。

 

汗かきとは

汗かき

 

汗かきとは汗が大量出る症状ということで、これといった明確な定義はないです。

 

どれくらいの汗の量が出るようなら「汗かき」なのかという明確な根拠があればいいのですが、こういった部分は曖昧なんですよね。

 

「汗かき」については自分が汗かきだと思ったら「汗かき」なんですよね。

 

汗かきは「代謝が良い」「太っている」「緊張」など色々な原因があったります。

 

また生まれつき汗が出る場所である汗腺の量が多いと汗が出やすい体質の場合もあります。

 

まあ、汗かきの場合には体温調整の際に人よりも大量に汗が出る症状だと理解しておくといいかもしれないですね。

多汗症とは

多汗症

 

多汗症は汗かきと同様に大量に汗が出るという症状ですが、こちらは体温調整のための汗とは関係なく、真冬でも大量の汗が出るという症状になります。

 

季節に関係なく大量の汗が出るという意味では汗かきよりも多汗症の方がしんどいと言えるかもしれないですね。

 

また多汗症の原因は体質というよりは精神的な要因が大きいので、仕事などで過剰なストレス環境にあったりすると、いつまでも症状が改善しない可能性があります。

 

さらに多汗症の場合だと、手汗や顔汗、脇汗、足汗など局所的に大量の汗が出る場合が多いというのも特徴になります。

 

もしも特定箇所から季節に関係なく大量の汗が出るようなら多汗症だと思ったほうがいいです。

汗かきと多汗症の違いを徹底比較

 比較項目 汗かき  多汗症
 場所  全身から汗が出る  局所的に汗が出る
 気温  夏場や暑い時期  季節や暑さに関係く出る
 原因  体質や運動不足等  精神的な場合が多い
 病気の可能性  なし  全身性の場合は注意
 運動  大量に汗がでる  普通くらい

 

汗かきと多汗症の違いを比較すると上記のような感じになります。

 

汗が出る場所については、汗かきの場合には特定の場所から汗が出るということはなく普通に全身から汗が出てきます。

 

それに対して多汗症の場合には局所的に特定の場所から大量の汗が出ることが多いです。

 

気温については汗かきの場合には体温調整のために大量の汗が出るので、気温が上がればそれに従って大量の汗が出てきます。

 

しかし多汗症の場合には気温に関係なく汗が大量に出ます

 

原因は汗かきと多汗症で共通する部分もあります、多汗症の場合だと自律神経などの精神的な影響を受けることによって発症することがあることを知っておきましょう。

 

また多汗症には全身性多汗症という汗かきと似た症状がありますが、全身性の場合には病気が原因になっている可能性があるので病院で調べてもらうといいです。

 

こうして見ると、同じ汗が大量に出る症状でも違いが明確なのではないでしょうか。

汗かきと多汗症はどちらもワキガに注意しよう!

汗かき多汗症ワキガ

 

汗かきと多汗症はどちらも汗が大量に出る症状で、基本的には汗が大量に出る以外にもこれといった症状がないので、汗を止める施策をすれば問題ないです。

 

しかし汗かきと多汗症の人はワキガをチェックした方がいいと思います。

 

最近は男性はもちろんですがが女性でワキガの人も多くなってきており、自覚症状ないワキガの人が多いです。

 

そういったワキガ症状のある人が、汗かきや多汗症の場合だと、大量の汗によってワキガ臭が全身に広がってしまってとんでもないことになります。

特にワキガと多汗症を持っている人は注意!

ワキガと多汗症はどちらも精神的な原因によって症状がひどくなってしまうので注意が必要です。

 

ワキガもストレスなどの精神的なことが原因になってニオイが強くなってしまいます。

 

多汗症も精神的なことが原因で発症するので、ストレスなどの心的原因によって相乗効果的に悪化する可能性があります。

 

症状がひどくなると、ワキガ臭が多汗症の汗によって広がるのはもちろんですが、汗臭さもそこに加わってくるのでとんでもないことになります。

 

汗かきと多汗症の症状があると自覚しているならワキガチェックしてみるといいかもしれないですね。

 

参照:ワキガチェックのやり方

汗かきや多汗症を止める方法

汗かき多汗症止める

 

汗かきと多汗症はどちらも病気とは違ったものなので、薬を飲んで治療できるものではないんですよね。

 

汗かきや多汗症がウイルス性の病気だったら薬を飲めば完治するのですが、そうではないので、簡単に治るとは思わないほうがいいです。

 

特に汗かきは体質なのでどうしようもないですね。

 

多汗症についても精神的なものや体質が原因だったりするので、なかなか治すのは難しいんですよね。

 

まあ、どちらの症状も汗を止めれば他に厄介な症状はないので、汗対策の方法を実践するのが一番だと思います。

 

ではどういった治し方があるのでしょうか?

手術で汗を止める

多汗症や汗かきなどの症状を止めるための手っ取り早い方法として手術で汗を止めるという方法があります。

 

汗かきと多汗症は汗が出る状況などに違いはありますが、どちらも体の汗腺から汗が出ているので、汗腺を除去してしまえば汗を抑えることができます。

 

つまり汗を止めることができないなら「汗の出入り口をなくしてしまえ」という発想ですね。

 

ただ手術で汗が大量に出る場所を手術したとしても、ほかの部分からその分の汗が出る「代償性発汗」という副作用が発生する可能性もあります。

 

また手術費用が高額になる可能性があるというのも悩みですね。

 

参照:多汗症手術の費用について

制汗サプリを利用する

汗かきや多汗症の汗対策で一番現実的で利用しやすいのが制汗商品を利用しての汗対策だと思います。

 

制汗スプレーなどもありますが、汗かきで全身から汗が出るような場合だと使いにくいんですよね。

 

また市販の制汗スプレーだと、繰り返し使うと肌荒れが起こるので、汗かきや多汗症で繰り返し使用するような場合には、止めておいたほうがいいと思います。

 

私の場合には汗を止められる制汗サプリを利用しています。

 

飲むだけで全身の汗対策になるので非常に使い勝手がいいです。顔汗などのメイク崩れ対策にもなり、女性には特にオススメできます。

 

下記で制汗サプリを含めたオススメの汗対策商品を載せているのでよかったら参考にしてください。

wakigataasesyourogo


wakigahikaku
asekakuhikaku
ワキガ多汗症手術徹底比較

 

多汗症について

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る