多汗症とワキガ対策の方法

多汗症とワキガ対策の方法(手術なしで原因改善)

汗がすごい出る異常発汗の場合に考えられる病気を徹底解説

読了までの目安時間:約 13分
汗がすごい出る異常発汗

汗がすごい出る異常発汗の場合に自分が何かの病気なのではないかと不安に感じる人は少なくないと思います。

 

人によってはいつの間にか急に汗がすごい出るようになったという人もおり、そういった場合に、どのような病気などの症状があるのか考えて見ましょう。

 

とは言っても汗がすごい出るような症状がある病気は何十種類もあるようなものではないので、自分の症状と照らし合わせて不安なようなら病院を受診して詳しく検査してもらうといいと思います。

 

汗がすごい出る場合に考えられる病気の症例

汗がすごい出る場合に考えられる病気

 

汗自体は誰でも普通に出るもので特別なことではないです。

 

ただ昔と違って汗がすごい出るというような、発汗量に異常を感じた場合には注意が必要だと思います。

 

特に運動などをした後ではなく、暑くないのに汗が大量に出てしまっているような状況だと背景に病気が関係している可能性が考えられます。

 

人によって汗が出る症状などについては違ってくると思うので症状別にどんな病気が考えられるのか知っておきましょう。

 

下記で汗がすごい出る場合に考えられる病気をまとめたので参考にしてください。

多汗症

多汗症

 

暑くないのに汗がすごい出るという場合の症状で一番最初に考えられるのが多汗症という症状になります。

 

多汗症の代表的な症状は汗が大量に出る「異常発汗」という症状であり、普通は体温調整のために出てくる汗が、それとは関係なく汗が異常なくらい大量に出てしまうということです。

 

運動後だったり、何か汗が出る原因があって大量の汗が出るような場合には単なる「汗かき」の可能性がありますが、そうでない場合には多汗症の可能性があります。

 

多汗症の大きな特徴は「汗がすごい出る」ということ以外は健康そのものだということです。

 

多汗症には局所性発汗という症状があり、特定の部分だけ大量に汗が出るという場合があります。

 

具体的には下記のような多汗症の種類があります。

顔面多汗症

顔面多汗症は顔から汗が大量に出るという症状が特徴になっており、顔汗は目立つということで非常に困っている人が多い症状になります。

 

女性の場合には汗がすごい出ることによってメイクが崩れてしまったりするのはもちろんですが、汗によって肌環境が悪化してしまって、ニキビ吹き出物などのスキンケアにも苦労する場合が多いです。

 

顔面多汗症を何とか抑えたいと思っているなら下記で詳しい症状の原因や治療方法について解説しているので参考になると思います。

 

参照:顔面多汗症を治す方法

頭部多汗症

頭部多汗症は頭から大量の汗が出てしまうという症状になっており、ある意味では顔汗よりも厄介な症状だと思います。

 

頭から汗がすごい出るような場合だと、その汗が顔にも流れてしまうことになるので、結果として顔汗が大量に出ているような状態になってしまいます。

 

頭汗の厄介なことは髪の毛が汗によって濡れてしまうことなんですよね。

 

せっかくセットした髪型も汗によって濡れてしまってはどうしてもグチャグチャになってしまいます。

 

また異常発汗によって頭皮に大量の汗が出ると頭皮環境が悪化して、薄毛の原因にも繋がってしまうので注意が必要です。

 

参照:頭部多汗症の原因と対策法

手掌多汗症

手掌多汗症は手から汗がすごい出るという症状で、意外とこの手汗が大量の出てしまって困っているという人は多いです。

 

手汗ってあまり目立たない症状ですけど、手から汗がすごい出るという場合では、人と握手ができなかったり、手をつなぐことを躊躇してしまうようになります。

 

また仕事面ではパソコンのマウスやスマホなどの電子機器が手汗によって壊れてしまうなどのことが発生する可能性があり実害もあります。

 

手掌多汗症の症状と大作方法については下記を参考にしてください。

 

参照:手掌多汗症の原因と対策方法

足底多汗症

足底多汗症は足の裏から汗がすごい出るという症状で、冬場の寒い時期でも足から大量の汗が出るという症状になります。

 

足汗も手汗のようにあまり目立つような異常発汗の症状ではないですが、靴によっては汗ジミができてしまったりして、それが目立ってしまうと恥ずかしいです。

 

また足汗の影響で足が蒸れてしまい、水虫のような症状になってしまう可能性があります。

 

目立たない汗症状ですが、不快感はナンバーワンの異常発汗症状ではないかと思います。

 

参照:足底多汗症はの原因と止める方法

腋窩多汗症

腋窩多汗症は脇から汗がすごい出るという異常発汗の症状で、多汗症の症状としてはかなり一般的な症状だと思います。

 

脇汗は服に汗ジミができるのはもちろんですが、臭いが非常に厄介なんですよね。

 

脇汗が大量に出るような場合だと汗腺が活発に活動していることになり、そこにワキガの症状が加わってくると、かなりの悪臭の原因になります。

 

良くある汗かき症状の脇汗ですが、ニオイや見た目という点では一番恥ずかしい汗かき症状なのではないかと思います。

 

参照:脇汗や腋窩多汗症の原因対策方法

全身性多汗症は重い病気の可能性がある

全身性多汗症病気

 

汗がすごい出る異常発汗がある場合に注意が必要なのが全身性多汗症の場合になります。

 

上記のような局所性の特定の場所から汗がすごい出るという異常発汗の場合には普通の多汗症なので、汗が大量に出るという以外に何か問題があるわけではないですが、全身性多汗症の場合は事情が違います。

 

全身性多汗症の場合には何かの病気のサインとして異常発汗が生じている可能性があるからです。

 

では全身性多汗症を発症さえる可能性のある病気にはどのようなものが考えられるのでしょうか?

甲状腺機能亢進症

甲状腺機能亢進症は甲状腺ホルモンが過剰に出てしまうという症状になっており、代表的名ものだとバセドー病という病気があります。

 

甲状腺機能亢進症の場合には全身性多汗症の症状が出てくるだけでなく、下痢やイライラ、月経不順、手の震え、息切れ、落ち着きがなくなる、動悸がする、疲れやすい等の症状が出てきます。

 

こうして見ても分かるとおり、かなり厄介な病気であることがわかると思います。

 

ただ甲状腺機能亢進症の場合だと、全身性多汗症以外にも色々な症状が出てくるので、普通の全身性多汗症と見分けることは難しくないと思います。

 

参照:全身性多汗症の原因と治し方

自律神経失調症

自律神経失調症も多汗症などの症状の原因になっている病気になります。

 

そもそも発汗のコントロールをしているのが自律神経なので、その自律神経が自律神経失調症によって異常が出てしまうと汗をコントロールできなくて、異常発汗が起こるという仕組みです。

 

自律神経失調症は異常発汗以外にも色々な症状があり、頭痛や耳鳴り、息切れや下痢、肩こりや倦怠感、不眠や手足の痛み、記憶力や集中力の低下など色々な症状が出てきます。

 

自律神経失調症の場合も汗以外の異常が体に出てくると思うので、そういった場合には注意が必要です。

糖尿病

糖尿病の表に出てくる症状の中にも全身性多汗症が含まれています。

 

糖尿病によって自律神経に異常が出てしまって異常発汗が生じるようになってしまうということです。

 

糖尿病の場合には異常発汗以外にも、ダルさや手足のしびれ、口の渇き、立ちくらみなど色々な症状が出てきます。

更年期障害

更年期障害については女性が閉経の前後から出始める場合がある症状になっており、のぼせたり、体にほてりが出てきたり、体温に関係なく異常発汗が生じる「ホットフラッシュ」という症状があります。

 

更年期障害による全身性多汗症はエストロゲンの原因によってホルモンバランスが崩れてしまい、その結果として甲状腺ホルモンやアドレナリンが多く分泌されるようになり体温が上がってホットフラッシュという症状が出てきます。

 

更年期障害につていは加齢による老化現象の一つなのでなかなか避けるのは難しいです。

汗がすごい出る異常発汗の場合は何科を受診すればいい?

汗がすごい出る異常発汗病院何科

 

汗がすごい出る異常発汗が発生するような状況は上記のように色々な病気の症状があることがわかったと思いますが、具体的に何科を受診すればいいのかわからないという人も多いと思います。

 

基本的には手汗や顔汗、頭汗、足汗、脇汗などの局所的に大量の汗が出るような場合で、異常発汗以外に何も異常がない場合には皮膚科や美容外科などを受診するようにすればいいのではないかと思います。

 

局所性の多汗症の場合には、ほかに何か大きな病気が含まれている可能性が高くないからです。

 

ただ全身性多汗症の場合には上記のように、何かの病気の付随症状として異常発汗が出ている可能性があるので、まずは内科を受診するようにするといいです。

 

内科を受診して何も異常がないようなら多汗症なので、その後、皮膚科や美容外科などで汗を止める方法を相談するといいです。

 

まあ、局所性の多汗症の場合でも万全を期すなら内科から受診するといいと思います。

汗がすごい出る異常発汗の治療はどういった方法があるのか

汗がすごい出る異常発汗の治療

 

全身性多汗症の場合には付随する病気が原因である場合には、病気を治療することによって症状が治ります

 

ただ病気が原因の多汗症の症状の場合だとなかなか治療が難しいです。

 

汗がすごい出るという異常発汗以外にこれといって悪い症状はないので、汗を止めればいいのですが、その汗が出ている原因については人によって違ったりします。

 

根本的に汗を止めるなら汗腺を除去すればいいのですが、汗が出る場所によっては簡単に汗腺が除去できないという場合があります。

 

とは言ってもまったく治療法がないわけでもないです。局所性の多汗症の場合にはボトックス注射やETS手術などによる治療を考えることができます。

 

参照:多汗症の手術による治療方法

 

ただ手術による治療だと副作用があったりするので、手放しで推奨できるものではないです。

 

副作用などのデメリットなく汗を抑えていくなら多汗症対策商品を利用するのが現実的なのかなと感じます。

 

当サイトでは多汗症対策商品を下記で載せているのでよかったら参考にしてください。

wakigataasesyourogo


wakigahikaku
asekakuhikaku
ワキガ多汗症手術徹底比較

 

汗をかく仕組みについて

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る