多汗症とワキガ対策の方法

多汗症とワキガ対策の方法(手術なしで原因改善)

汗やワキガの臭いを発する原因について

読了までの目安時間:約 4分

汗自体は基本的には臭いがないものなのに、何で汗臭いということがあるのか気になっている方もおおいのではないでしょうか。

 

ここではそんな汗の臭いが発生する原因について説明しています。

 

汗は基本的に普通の汗と、におい汗皮脂によって構成されているのは説明してきました。

 

これらの汗が独立して分泌されるということは少ないです。

 

多くの場合は運動後や温度の上昇、ストレスや緊張、性的興奮や食事による新陳代謝によって、連携して分泌されているのです。

汗とワキガ臭の原因について

 

2014y04m24d_174631253

 

汗や皮脂には臭いはありませんが、皮脂の表面にある常在菌によってこれらが分解されると強い腐敗臭を放つことになります。

 

ワキガが発生する仕組みはアポクリン汗腺から分泌された「におい汗」が常在菌によって分解されることによって始まります。

 

ただアポクリン汗腺から分泌された汗も当初は無臭の液体なのです。

 

しかし脂肪分やたんぱく質が含まれているので最近が分解して臭いが発生してしまいます。

 

他にも皮脂腺から分泌される皮脂もアルカリ度が高くなると細菌が繁殖しやすくなり、やはり腐敗臭を発生させるようになります。

 

その上にこういった臭いの元になっているものを、エクリン汗が押し流してしまって体中に広めてしまうと強いワキガになってしまうのです。

 

つまりアポクリン汗腺と皮脂腺が活発に活動していると、どうしてもワキガの可能性が高くなってしまうのです。

 

さらにふつう汗が分泌されることによって、こうした臭いのもとが広がるようになり、ワキ毛にからまることで臭いが拡散してしまうのです。

 

皮膚の雑菌をすべて殺菌すればワキガはなくなる?

2014y05m27d_205807510常在菌をなくせばワキガのニオイガ拡散することがなくなるのでは?と思う方もいるかもしれませんが、常在菌にはバイ菌ではなく、善玉菌も多くいるのでなくすことはできません。

 

常在菌は皮膚だけでなく体内にもおり、異物の分解や有害な雑菌を捕食してくれたりしてくれるので、皮膚を清潔に保つためには必要な存在です。

 

つまり美しい肌を保つためには常在菌は絶対に必要なものなのです。

 

一応市販の消毒用のエタノールなどを塗って、殺菌することはできますが、あくまでこうしたことは一時的な効果でしかないので、あまり効果は期待できません。

 

またこうしたことを続けていると、炎症の原因になり、症状を悪化させる懸念があるので注意が必要です。

 

ワキガのニオイ対策ではできるだけ専用の対策商品を利用するようにするといいです。市販の消臭剤よりも効果時間が長く、消臭力も高いのでかなり効果があると思います。

 

下記ではワキガ対策商品の比較を行っているのでワキガの臭いで悩んでいるなら参考にしてください。

 

wakigataasesyourogo


wakigahikaku
asekakuhikaku
ワキガ多汗症手術徹底比較

 

タグ :   

ワキガについて

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る