多汗症とワキガ対策の方法

多汗症とワキガ対策の方法(手術なしで原因改善)

異常な大量の汗をかく原因を相談しよう

読了までの目安時間:約 5分

異常な大量の汗をかく症状の多汗症には、全身性のものや手や足を中心に発生させるものや、味覚によって反応するものがあります。

 

これらの多汗症とは別に、別の疾病が原因になって発汗してしまう多汗症状もあります。人によって汗が大量に出る原因は色々考えることができます。

 

具体的にはどのような多汗の原因があるのでしょうか。

 

異常な大量の汗をかくような体質的なものの代表例では生まれながらの自律神経の失調で暑いと感じたら汗の蛇口がいきなり全開になって頭のテッペンから足のつま先まで全身あっという間にずぶ濡れ状態になるという人もいます。

 

10分程度歩いた程度で汗びっしょりになったり、髪の先から肩にかけて雨だれの音が聞こえてくるくらいのような状況もあります。こういっ他人の場合だと、お尻から太ももの汗が足首にいく筋も流れていくのでスカートを履く事ができないというひともいます。

 

こういった異常な大量の汗をかくような人は一度は「雨降ってきた?」「水浴びした?」と言われた経験がある人が多いです。夏場は特につらくて、濡れた衣類が乾かないうち強力な冷房がある所に入るのって怖いんですよね。場合によっては着替えを持ち歩いている人も珍しくないのではないでしょうか。

 

まずは下記から詳細情報をご覧になってみてはどうでしょうか。

 

多汗などの異常な発汗の原因とは

2014y05m12d_153512231

女性の場合は更年期障害が多汗の原因の一つとして挙げられます。

 

女性ホルモンのエストロゲンやプロゲストロンには汗腺を調整する機能があります。

 

それが更年期を迎えることによってホルモンの分泌が低下してしまい、その調整機能が低下して異常な発汗が認められるようになります。

 

また更年期を迎えると精神的にも不安定になり、これまでに述べてきた精神性発汗も起こりやすくなってしまうのです。

 

他にも糖尿病では低血糖状態になると、大量に発汗してしまいます。

 

こうした場合はできるだけ早く糖分補給をしないと、糖尿病性昏倒をひきおこしてしまうため、注意が必要です。

 

それ以外にはバセドー氏病や心臓疾患、高血圧などでも異常発汗があるほか、高齢者の自律神経失調症でも結構な発汗があります。

 

異常な発汗については素人判断をしないで、専門医の診察を受けるにしたほうがいいかもしれません。

 

上記を見てみると異常な発汗以外の症状がある場合は多汗症出ないケースがあるということがわかります。

ワキガや多汗症を相談できる人はいますか?

2014y07m25d_150745677

ワキガや汗が大量に出る多汗症になると、結構一人悩む人が多いです。

 

確かに症状が症状なので、親しい友人にも相談できず、相談したとしてもおそらく満足の行く回答が得られるわけではないです。

 

ワキガや多汗症の治療では治療に関する詳しい情報が世間にあまり認知されてないので、古い情報のまま止まっている人も結構います。

 

そのため今は病院で無料カウンセリングを行っているので、一度相談してみるのもいいのではないでしょうか。

 

無料カウンセリングをしたとしても、その病院でかならず手術しなければならないわけではないので気軽に利用するようにするといいです。

 

詳しい症状などを知るだけでも、精神的にはかなり楽になります。また実際に改善した人の話などを聞けば気持ちも前向きになるのではないでしょうか。

 

まずは一人で悩まないで、しっかりと相談できる専門家を持つということが大事になってきます。

wakigataasesyourogo


wakigahikaku
asekakuhikaku
ワキガ多汗症手術徹底比較

 

タグ :  

多汗症について

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る