多汗症とワキガ対策の方法

多汗症とワキガ対策の方法(手術なしで原因改善)

イナバ式皮下組織削除法でのワキガ手術のメリットとデメリット

読了までの目安時間:約 12分

ワキガと多汗症の手術の情報は手術を検討している方にとっては非常に気になる情報なのではないでしょうか。

 

皮下組織削除法は現在でも割と良く行われている手術方法なので、しっかりと手術について知っておくことは大事です。

 

ワキガと多汗症の手術自体は色々な方法があるのでここでは「皮下組織削除法」という手術についてのメリットとデメリットについて説明しています。

 

近年では「皮下組織削除法」といえば「イナバ式皮下組織削除法」と思われるくらいイナバ式皮下組織削除法が浸透してきています。

 

そんな「皮下組織削除法」や「イナバ式皮下組織削除法」について掲載しているので、もしワキガや多汗症の手術を検討しているなら参考になるのではないでしょうか。

 

まずは下記から詳細情報をご覧ください。

 

皮下組織削除法とはどのような手術方法なの?

2016y12m25d_225701270

 

ワキガや多汗症の数ある手術方法の一つとしてあるのが皮下組織削除法になります。

 

皮下組織削除法は特殊なローラーを装着したハサミ状の専用器具を使用して皮膚内部の組織を均一に掻き取ることになります。

 

この特殊器具はキューレットと呼ばれており、キューレットと呼ばれるスプーンのような器具で汗腺をかき取るという方法になります。

 

皮下組織削除法の場合には、アポクリン汗腺だけでなく、エリクリン汗腺や皮脂組織も除去できるようになるので結構進化したワキガと多汗症の手術方法になります。

 

具体的には腋の下に2センチから4センチくらいの切り込みを入れて、そこから汗腺類を搔き取ることになります。

 

キューレットを差し込むところだけ皮膚を切開すればいいので、剪除法(せんじょほう)などと比べると傷跡が少なくて済むのが特徴になっています。

 

イナバ式皮下組織削除法は利用する器具がさらに進化したもので、普通の皮下組織削除法よりもキレイに汗腺を取れるようになったものだと思っておくといいと思います。

 

では具体的に皮下組織削除法はどのような手術方法なのでしょうか。

 

下記から詳細情報をご覧ください。

皮下組織削除法のメリットとは?

皮下組織削除法のメリット画像

 

皮下組織削除法はハサミ状の器具であるキューレットを改造したものを使って、1センチほど患部を切開して皮下組織に挿入してアポクリン汗腺やエクリン汗腺、皮脂腺を削り取る方法になっています。

 

傷口が小さくて済むのが特徴になっており、皮下組織を均一にはぎとることができるようになっているのがメリットになります。

 

これまでの切除法や剪除法(せんじょほう)より進化した手術法になっており、多汗症の元になるエクリン汗腺も取れるようになっているのも進化と言えるのではないでしょうか。

 

切除法や剪除法(せんじょほう)をやるよりは皮下組織削除法の方がまだメリットがあるので、選ぶ際には参考になると思います。

イナバ式皮下組織削除法という方法もある

イナバ式皮下組織削除法は稲葉博士が開発したわきが治療の方法になっており、基本的にそこまで普通の皮下組織削除法と違いはないですが、専用の器具を使ったりして皮下脂肪と真皮を均一の厚さで削り取っていく方法になります。

 

日本医師会から最高優功賞が与えられた方法になっており、評判の高い手術方法になります。

 

おそらくワキガ手術での皮下組織削除法はイナバ式皮下組織削除法が一般的になりつつあるのではないでしょうか。

 

基本的にイナバ式皮下組織削除法を含めた、この皮下組織削除法は傷口が小さい手術方法なので、切除法や剪除法と比べると傷口が目立たないので、女性でも行えるような手術方法になっていると思います。

皮下組織削除法のデメリットとは?

皮下組織削除法のデメリット画像

 

皮下組織削除法は専用の器具を使ったりして、傷口を小さくしたりするメリットなどがあり、切除法や剪除法(せんじょほう)よりも入院期間が短くて済むといういメリットがありますが、デメリットもあります。

 

皮下組織削除法は一度に切り取れる範囲が限られているので、何箇所も切れ目を入れる必要があるのがデメリットになります。

 

つまり1センチ程度の傷跡が数箇所残ってしまうということになります。

 

さらに問題なのは皮膚を薄く削ってしまうので、影響が広範囲に出てしまうことです。

 

そのため皮膚の硬化や変色がかなり目立つケースもあり、人によっては水着やノースリーブなどが着ることができなくなるというデメリットもあります。

 

また場合によっては手術跡が黒ずんでしまう可能性があります。

 

傷口が多数になるので、術後の回復にもも時間がかかり、仕事などの復帰にも時間がかかるのもデメリットになります。

 

総合的に見るとまだまだデメリットが多い方法だといえるかもしれませんね。

皮下組織削除法は医師の技術が必要な手術方法

皮下組織削除法は手術方法としては悪い方法ではないですが、どのような医師が手術するかによってかなりデメリットの大きさが違ってきます

 

手術に慣れているベテラン医師が担当すれば、手術の際の切れ目の穴の数も少なくて済むので傷の治りも早くなります。

 

また皮膚を削っていく作業もベテランなら術後の影響を最小限に抑えながら行うことができるので、術後の黒ずみや変色もある程度少なくて済む可能性があります。

 

逆に手術経験が浅い医師が担当すると、手術での傷が大きくなるだけでなく、組織を掻き取る際に皮膚に穴を開けてしまう可能性があります。

 

さらに未熟な医師の場合だと、汗腺の取り残しによるワキガ再発の可能性も高くなるので、手術自体が無駄になる可能性があります。

 

そういった意味では、皮下組織削除法はいい意味でも悪い意味でも非常に医師の技術に左右されやすい手術方法と言えます。

 

病院や医師選びに失敗するとヤバイ手術方法になるので注意しましょう。

イナバ式皮下組織削除法でも再発する可能性はある!

イナバ式皮下組織削除法でも上記に記載してあるように色素沈着の可能性や、ワキガ再発の可能性はあります。

 

ネットでは「イナバ式皮下組織削除法ならワキガは再発しない!」と謳っている所もありますが、普通に再発の可能性はあります

 

イナバ式皮下組織削除法も基本的には皮下組織削除法とほとんど同じで、医師が目視で汗腺を確認して除去していく方法なので、汗腺の見落としがあったら普通に再発する可能性があるということです。

 

熟練した医師なら再発の可能性は少ないかもしれないですが、慣れてない医師がやれば汗腺の見落としがあって、そこから再発する可能性はあります。

 

ワキガ手術には再発の可能性がどうしても付きまとうということは理解しておいたほうがいいです。

皮下組織削除法のダウンタイムはどれくらい?

皮下組織削除法のダウンタイム画像

 

イナバ式皮下組織削除法や皮下組織削除法のダウンタイムはどれくらいの期間が必要なのでしょうか。

 

ダウンタイムは傷が治って普通に腕が動かせるようになる期間にのことになります。

 

このダウンタイムですが、イナバ式皮下組織削除法や皮下組織削除法の場合には10日くらいのダウンタイムを想定しておくといいと思います。

 

切除法や剪除法に比べると傷が小さいので若干はダウンタイムの期間も短いことがわかります。

 

また執刀した医師によっては傷口の大きさなども違ってくるので個人差がありますが、これくらいの期間は日常生活に影響がでると考えておくといいと思います。

 

具体的には軽いデスクワークくらいなら1週間くらいで可能になり、スポーツができるようになるのは2週間くらいと思っておくといいと思います。

皮下組織削除法の保険適用されるのか?

皮下組織削除法の保険適用画像

 

皮下組織削除法はそこまで新しい手術方法ではないので、病院によっては保険適用されているところもあるみたいですね。

 

ただ皮下組織削除法についてはそこまで保険適用される病院は多くないようです。

 

保険適用される手術を希望しているような場合なら、皮下組織削除法よりは剪除法の方が探しやすいかもしれないですね。

 

ではイナバ式皮下組織削除法の場合にはどうなのでしょうか?

イナバ式皮下組織削除法は保険適用されない

イナバ式皮下組織削除法の場合には保険適用はされないみたいですね。

 

すべての病院で適用されてないのかはわかりませんが、基本的にはイナバ式皮下組織削除法は保険適用されないと思った方がいいと思います。

 

いい手術方式ですが、保険適用されないと手術費用が高額になるのでちょっともったいないような感じがしますね。

 

ではイナバ式皮下組織削除法を含めた皮下組織削除法の手術費用や料金はどれくらいになるのでしょうか。

皮下組織削除法の費用や料金について

皮下組織削除法の費用や料金画像

 

イナバ式皮下組織削除法を含めた皮下組織削除法は保険適用されない場合が多いので、基本的には自由診療の手術になります。

 

そのため費用は高額で、25万円から35万円くらいはかかると思っておくといいかもしれないですね。

 

病院によって費用が違ってくるのでしっかりと確認した方がいいと思います。

 

ただこういったワキガ手術の場合だと、再発や傷の大きさの関係があるので、料金よりは医師の技術を中心にして病院選びをするようにするといいと思います。

 

とは言ってもイナバ式皮下組織削除法を含めた皮下組織削除法については、そこまで新しい手術方法ではないので、保険適用されないなら他の最新の手術方法で手術をしてもらった方がいいのではないかと思います。

 

当サイトでは手術に頼らないワキガのニオイ対策の商品や商法を載せているので、手術を検討している方は、病院探しの間のニオイ対策に利用を検討してはどうでしょうか。

 

wakigataasesyourogo


wakigahikaku
asekakuhikaku
ワキガ多汗症手術徹底比較

 

タグ :    

手術によるワキガと多汗症治療

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る