多汗症とワキガ対策の方法

多汗症とワキガ対策の方法(手術なしで原因改善)

臭いに対する判断基準が厳しくなっている

読了までの目安時間:約 4分

日本人の臭いに対する判断基準は年々厳しくなってきているという現実があります。

 

岐阜の小中学校や高校、大学を対象に調査したところ、10代では96.5パーセント、20代では91.7パーセントが制汗剤を使用しているというデータがあります。

 

これを見ても分かるように現代の若い人のほとんどは臭いに敏感になっているということだと思います。

 

臭いに敏感というのはそれだけ他人の臭いについても敏感だということがわかると思います。

 

つまり自分の臭いもそうですが、他人のちょっとした臭いにも我慢できないということに繋がります。

 

臭いに対する基準が厳しいと自分を苦しめる

 

2014y05m16d_153402403

 

臭いについての判断基準が厳しいと、臭いがないのに自分は臭いと思い込んでしまう人がいます。

 

こういった自分が臭いと思い込む症状は、自己臭恐怖症と呼ばれており、統合失調症の初期症状としても現れてくることでも知られています。

 

実際自分の臭いは自分では判断できないので、他人が指摘しづらいというのが、臭いに対する妄想を強める原因にもなっています。

 

ワキガや多汗症の治療でも、本来は臭いを標準以下に抑えるための治療になっており、周りの人の臭いに対する判断基準が厳しくなれば、それだけ体臭を制御する必要の出てくる人は増えてきます。

 

世界的な基準でいえば、日本は飛びぬけて臭いにおいのしない国といっていいと思います。

 

それだけに生活するのが苦しいということもあると思います。

 

ワキガの悩みで病院を訪れる人の3人に1人は治療の必要がないケースだといわれています。

 

それだけ日本人は自分のニオイを気にしている、清潔志向の国だといえると思います。

 

実際に日本は除菌グッズが非常に沢山販売されていますよね。

 

不潔よりは清潔のほうがいいですし、臭いよりは臭くないほうがいいですが、人間は生きている限りは、完全な清潔も100%の無臭もありえません

 

そこで社会的に不都合にならない範囲でニオイをコントロールして、不安のない状態で暮らせるようにすることが大事になってくるのです。

 

まあ極端な話をすると、犬しか感知できないくらいの臭いを取り除いてのまったく意味はないわけなので。

 

ワキガや多汗症を手術なしで改善したいと思っている人はトップページから参考にしてみてはどうでしょうか。

 

wakigataasesyourogo


wakigahikaku
asekakuhikaku
ワキガ多汗症手術徹底比較

 

タグ :   

ワキガについて 多汗症について

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る