多汗症とワキガ対策の方法

多汗症とワキガ対策の方法(手術なしで原因改善)

顔面多汗症を治す方法(顔汗を止めるには)

読了までの目安時間:約 13分
顔面多汗症を治す方法(顔汗を止めるには)

顔面多汗症(顔汗)を治すにはどうすればいいのか説明しています。どうやって顔汗をかかない方法を行えばいいのか掲載しています。

 

顔面多汗症(顔汗)で悩んでいる人は多いですが、止めるには非常に難しいです。目立つ顔汗の改善方法はこちらを参考にしてください。

 

顔に大量の汗が出てしまう顔面多汗症(顔汗)はその名前のとおり、顔から大量の汗が出てしまうという症状です。

 

緊張や気温の上昇、ホルンモンバランスの乱れや汗腺の量など複合的な要因によって汗が出てきますが、顔汗って非常に目立つんですよね。

 

人間誰でも多少は顔汗をかくのは普通のことですが、人によっては顔汗が大量に出てしまって化粧が崩れてしまったり汗が目に入ってしまったり、日常生活に影響が出てしまうケースもあります。

 

そんな顔面多汗症(顔汗)ですが、具体的な原因と治す方法はあるのでしょうか?

顔面多汗症(顔汗)の原因とは

顔面多汗症(顔汗)の原因と顔汗が大量に出る顔面多汗症等の症状は生まれた時からということはほとんどないです。

 

人によって汗が出る器官である汗腺の量に差はありますが、それによってそこまで大量の汗が出るということはないです。

 

汗は自律神経が司っている部分でもあるので、ストレスや緊張など精神的なことが理由だったりホルモンバランスが乱れることによって、突然大量の汗が出るようになることが多いです。いわゆる精神的な理由での発汗です。

 

また気温が高いときは体温調整のために温熱性発汗も行われたりします。

 

さらに辛いものを食べた場合にも大量の汗をかくことがあり、味覚性の発汗も原因の一つとして考えられます。

 

最後の原因は遺伝的に汗をかきやすい体質であるという場合です。汗が出る器官の汗腺の量は遺伝的な原因によって左右されることもあります。

 

顔汗の原因をまとめると下記のような感じになります。

 

顔汗の原因まとめ

 

ストレスや緊張による発汗⇒精神性発汗

 

食べ物を食べることによる発汗⇒味覚性発汗

 

汗をかきやすいことによる発汗⇒遺伝性の発汗

顔面多汗症(顔汗)を病院で治療する方法

顔面多汗症(顔汗)を病院で治療する方法顔面多汗症(顔汗)を病院で治す場合には、基本的には皮膚科を受診することになります。

 

何科を受診すればいいのかわからないならとりあえず皮膚科に行くようにするといいです。

 

ただ顔面多汗症(顔汗)の原因は何かの病気が原因で発汗しているということではない場合は、病院ではあまり効果的な治療方法はないです。

 

手術する場合には外科を受診することになるのですが、ワキ汗を止める場合なら汗腺を除去するという方法が考えられます。

 

しかし顔面多汗症(顔汗)を止めるために顔の汗腺を除去するのは厳しいです。

 

ワキなら手術跡も目立たないと思いますが、顔を手術するのは正直言ってかなりリスキーだと思います。

 

また交感神経を切断することによって汗を止める方法もありますが、この方法はデメリットも結構大きいです。

交感神経遮断手術による治療

交感神経遮断手術は交感神経を手術などによって切断して止めてしまう方法です。

 

この手術をすると顔汗はピタッと止めることは可能ですが、代わりに他の部分からの発汗量が異常に増えてしまう「代償性発汗」と呼ばれる副作用が起こります。

 

一度切った神経は元に戻すことはできないので、行う場合にはしっかりと「代償性発汗」などのデメリットを考慮して行うようにしましょう。

ボトックス注射による治療

病院で顔面多汗症(顔汗)を治療行う場合にはボトックス注射という「ボツリヌス菌」を注射する方法があります。

 

顔汗の場合には額に注射して汗を抑えることになります。ただ根本的な治療にはならず、効果は期間限定です。

 

ボトックス注射は費用が高額で効果は数ヶ月くらいなので、継続的に利用するにはお金が結構かかります。

精神療法や心理療法

顔面多汗症(顔汗)はストレスや緊張など心理的なことが原因になっているケースがほとんどなので、外科的な治療による完治は難しいです。

 

そのため根本的な原因になっているストレスや緊張感を克服するために精神療法や心理療法を行うという方法もあります。

 

効果はあると思いますが、精神的なことなのでいつ完治するのか人によって差があるので、どの程度効果があるかはっきりと分かりません。

顔面多汗症(顔汗)は市販の制汗剤で止められるか?

顔面多汗症(顔汗)は市販の制汗剤顔面多汗症(顔汗)で悩んでいる人は、多くの人が制汗剤を利用して止めようと思ったことがある人が多いと思います。

 

最近は汗が大量に出て悩んでいる人が多いのか、色々なタイプの制汗剤が出ていますよね。

 

テレビのCMでも色々な制汗剤の宣伝が行われていることからも、企業も制汗剤に力を入れているのがわかります。

 

市販の制汗剤は基本的には顔汗に使用することは想定されてないものが多いです。

 

ワキや身体の汗を抑えることを想定されて作られており、また一日に何回も使うことは想定されてないです。

 

顔の皮膚はデリケートなので、市販の制汗剤では刺激が強いので、できるだけ利用しない方がいいと思います。

 

使用することで一時的に効果はあるかもしれないですが、大量の顔汗が出ると流れしまうので、長時間の効果は期待できないです。

 

そのため繰り返し何度も利用することになってしまい、そうなると元々デリケートな顔の皮膚なので、肌がかぶれてしまう可能性が高いです。

 

顔にできる皮膚のかぶれは非常に目立つので厄介です。

 

通常はこういった顔の皮膚の赤みなどは化粧で隠すことができるのですが、顔面多汗症(顔汗)があると、化粧が汗で流れるのでかぶれを隠すことが難しいです。

 

顔面多汗症(顔汗)で顔にかぶれができると汗のせいで隠すことができないので、市販の制汗剤で汗を止めるという方法はリスクが大きいと感じます。

 

参照:顔汗などへの制汗剤や消臭剤の効果について

普段の生活から顔汗を止める方法とは

普段の生活から顔汗を止める方法顔面多汗症(顔汗)で汗をかいている場合でも、症状が軽い場合にはちょっとした方法で汗を抑えることは可能です。

 

首周りを冷やすだけでも体温を下げて発汗を抑える効果が期待できるので、やってみるといいと思います。

 

特に首の後ろは暑さを一番感じやすい部分なので、冷やすことによってある程度効果を期待することができます。

 

ただあまり冷やしすぎると血行が悪くなってしまって肩こりや頭痛の原因にもなるのでほどほどにしておきましょう。

 

他にも普段の食事から体温を下げるという方法もあります。

 

顔面多汗症(顔汗)はストレスや緊張などの精神的な原因による場合が多いので、ハーブなどのリラックス効果のあるものを積極的に摂取するといいです。ハーブティーとか手軽に利用できると思います。

 

他には自律神経を整える「植物性エストロゲン」が入っている、もやしやアボカド、ヤマイモ、大葉なども良いと思います。

 

さらに身体を冷やす食べ物としては、トマトやこんにゃく、昆布やレタス、キャベツ、梨、あさり、豆腐などを摂取するといいです。

 

ただ女性の場合だとあまり身体を冷やす食べ物を食べ過ぎると、健康面でデメリット生じてくる可能性が高くなるので、ほどほどに抑えておきましょう。

 

これらの方法はあくまでも症状を軽減できる可能性がある方法で、行いすぎるとデメリットもあるので注意しましょう。

顔面多汗症(顔汗)がひどいなら専用商品を使おう

顔面多汗症(顔汗)がひどい顔面多汗症(顔汗)の症状について、首を冷やす等の方法でもあまり効果を実感できないようなら汗を抑える専用の商品を利用するようにするといいです。

 

最近では通販などで汗を抑えるサプリメントタイプの商品や、顔汗専用の商品も出ているのでこういった商品を利用するといいです。

 

特にサプリメントタイプの商品は、肌への負担をかけずに汗を抑えられるのはもちろんですが、全身に効果があるので、大量の汗で悩んでいるなら汎用性が高くてオススメです。

 

当サイトでも汗対策の商品をいくつか掲載していますが、その中でも顔汗に効果の高い商品をいくつか下記に掲載したので参考にしてください。

顔汗専用対策のサラフェ

サラフェ顔汗サラフェは顔汗対策に特化している商品で、おそらく顔汗専用の商品はこの「サラフェ」だけなのではないでしょうか。

 

顔に塗ることを想定されているので、肌に優しい作りなっており、市販の制汗剤のようにかぶれを気にせず利用できます

 

また効果時間も市販のものよりも長く、1日中効果を持続させてくれます。

 

下記でレビューを掲載しているので顔汗で悩んでいるなら利用を検討してみるといいと思います。

 

汗対策サプリメント「アセッパー」

アセッパー顔汗アセッパーは汗対策サプリメントとしてかなりリピーターの多い商品になっており、制汗サプリといえば「アセッパー」というくらい売れている商品です。

 

サプリメントタイプの商品なので、顔汗を含めた全身の汗対策に効果的な商品になっています。

 

肌にぬる必要がないので、化粧をする際にも気兼ねなく汗対策ができるので使い勝手がいいです。

 

飲むだけで手軽に利用できるので通勤や通学前の忙しい時間でも手軽に汗対策可能です。

 

女性向け汗対策サプリメント「あせしらず」

あしららず顔汗あせしらずはアセッパーと同様に汗を抑える汗対策のサプリメントですが、こちらは女性向けに特化されている商品になります。

 

女性向けなのでホルモンバランスの乱れなどによる汗の対策も可能になっており、女性の場合はこちらを利用するといいです。

 

顔汗対策を含めて全身の汗に総合的な効果を期待できるので、顔汗で悩んでいるなら検討するといいです。

 

あせしらずは女性向けに特化している商品で男性の場合はアセッパーを利用するといいです。

 

wakigataasesyourogo


wakigahikaku
asekakuhikaku
ワキガ多汗症手術徹底比較

 

オススメ記事 多汗症の治療について

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る