味覚性発汗や味覚性多汗症で食事で大汗をかく際の対処法を掲載しています。

多汗症とワキガ対策の方法(手術なしで原因改善)

味覚性発汗(味覚性多汗症)で食事をすると大量の汗をかく場合の対処法

読了までの目安時間:約 4分

味覚性発汗(味覚性多汗症)は味覚刺激によって大量に汗をかくという症状で自分でも症状に気づいてない人もいる厄介な症状です。食事で大量に汗が出るという人は注意が必要です。

 

どういった症状かというと、トウガラシが入った食品やカレーライスなど、香辛料に反応して汗をかくのは正常な反応です。しかし味覚性発汗(味覚性多汗症)の場合は、味覚神経への刺激が過度に働いてしまい、食事のたびに大量に汗をかいていしまうのです。

 

辛い物を食べてないのに食事のたびに大汗かくということで、悩んでいる人が多いです。

 

また外食の際に自分だけ大量に汗をかいて恥ずかしい思いをしたという方もいるのではないでしょうか。

 

まずは下記から詳細情報をご覧ください。

味覚性発汗(味覚性多汗症)の改善と治し方とは?

 

2014y05m11d_171219481

 

味覚性発汗(味覚性多汗症)は額や顔だけでなく、腋の下や汗中など、特定の部位からの発汗のほか、全身で大量の発汗が認められることもあります。

 

味覚醒多汗症についてはまだ解明されてない部分が多いのですが、味覚性発汗(味覚性多汗症)には精神性発汗が相乗して発汗を促しているのではと考えられています。

 

そのため症状は色々な形で表に現れてきます。

 

トウガラシやニンニク、酸っぱいものなど、特定の食品や食材に反応するケースのほかに、何を食べても発汗してしまうケースもあります

 

味覚性発汗(味覚性多汗症)は精神的な要因が強いので、なぜ食事をとると汗がでるのかというメンタルな部分での治療が必要になるケースが少なくありません。

 

ちなみに素麺やもりそばなど、涼しげな食事でも汗をかいてしまうなど、食事の摂取イコール汗をかく、と刷り込まれている場合は、どのような状況でも大量のを汗をかくことが避けられません。

 

そのため味覚性発汗(味覚性多汗症)の改善と治すためには、メンタル的な治療と汗を抑えるという外科的な治療の両方が必要になってくると思います。

 

サプリタイプの制汗剤なら事前に全身の汗対策が可能

 

参照:制汗サプリ「あせしらず」のレビュー

汗を抑える具体的な対策方法は?

2015y09m13d_222927049上記のようにメンタル的な治療と外科的な治療をすることが大事になってきますが、そんなすぐに効果の出るようなものではないので、その間にどうやって汗を抑えるかが問題になってくると思います。

 

メンタル的な治療はすぐに効果が出るわけではないので、その間どうやって汗を抑えるかが非常に大事になってきます。

 

普段から汗を抑えることができれば、それだけメンタルにも余裕が出てくるので食事で汗が大量に出るという味覚醒多汗症の体質改善もスムーズに行きます。

 

食事の際の味覚醒多汗症を抑えるなら下記で載せている対策商品を利用してみるといいと思います。汗が出る場所に塗るだけで即効性で効果が長続きするのでオススメです。制汗も含めて汗の臭いやワキガの臭いのも効果的です。

 

食事の際に汗を大量に出るということで事前に制汗剤を利用するのが難しい場合もあると思いますが、そういった場合にはサプリタイプの商品があるのでそれを利用するといいと思います。

 

wakigataasesyourogo


wakigahikaku
asekakuhikaku
ワキガ多汗症手術徹底比較

 

タグ :  

多汗症について

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る