汗対策の方法

前髪が汗でびしょびしょに崩れる場合の汗対策法

更新日:

前髪が汗で濡れてしまうとびしょびしょに崩れるので、普段から汗によるスタイリングの乱れに悩んでいる人は男性はもちろんですが女性でも多いのではないでしょうか。

汗で前髪が崩れるということは誰にでもありえることではありますが、顔汗や頭汗が大量に出るという場合には、前髪はもちろんですが、髪全体が濡れてしまって、びしょびしょに崩れてしまうということもありえます。

そこにさらに湿気などが加わってくるとなかなか乾かなくて苦労するという場合も普通にありえます。

そんな前髪などが崩れやすい顔汗や頭汗による髪のスタイリングの乱れを防ぐ汗対策方法を紹介しようと思います。

前髪が汗などで崩れやすい原因はキューティクルが原因

前髪汗崩れる原因

前髪が汗で濡れてしまってびしょびしょに崩れるという場合もありますが、他にも前髪がうねったり、ぺたんこに引っ付いてしまっているということもよくあります。

こういった前髪が崩れやすくなるのは汗も原因になっていますが、そもそもの髪質としてキューティクルが剥がれていて傷んでいるという可能性があります。

よく「キューティクルで髪がサラサラ」という表現があるように、キューティクルは髪の毛の質に非常に大きな影響を与えており、キューティクルは髪の毛の水分量を調整している役割があります。

つまりキューティクルにダメージがある髪の毛は、必要以上に水分を吸収する効果があり、そのことによって顔汗や頭汗による水分を吸収してしまい、前髪など髪の毛のスタイリングを崩す原因につながります。

髪の毛の水分が汗などによって多くなってくると、前髪がうねったり、クセ毛のようになってしまったりするんですよね。

汗による前髪の崩れを予防するスタイリング方法とは

汗前髪スタイリング

汗によって前髪のスタイリングが崩れるというのは日常的にありえることで、汗は意図的に止めることができないので、あらかじめそれを予防するような措置が大事になってきます。

基本的にはしっかりと前髪をキープするようなスタイリングをすることが基本になってきます。

また髪の毛を傷めないようなヘアケアも大事になってきます。

汗や湿気による前髪のうねりや、はりつきを防ぐためにも基本的な崩れないスタイリング方法を知っておきましょう。

ドライヤーでの乾かし方

普段からドライヤーを使って髪を乾かしているというのは普通のことですが、乾かし方にも注意が必要です。

ドライヤーで髪を乾かす際には、くせがつきやすい前髪から乾かしていくといいと思います。

またドライヤーを使う際にはできるだけ髪の毛の内側から優先的に乾かしていくことが大事になってきます。

毛先は乾燥しやすくダメージを受け易い部分なので、毛先から乾かしてしまうとドライヤーの熱か過剰にあたるようになります。

そして髪の毛が完全に乾く前にスタイリングしたい方向に髪の毛を伸ばしていくようにします。

最後は熱風から冷風に切り替えて髪の毛を冷やします。こうすることによってキューティクルが閉じて固まるようになるので、汗などの余計な水分を吸収することを防ぐことが可能になります。

ヘアアイロンの使い方

髪の毛をセットする際にヘアアイロンを利用している女性は多いと思います。

ヘアアイロンにはカール用とストレート用がありますが、基本的にはストレート用アイロンを使用するのが通常です。

ストレートアイロンを利用する際には髪の毛が乾いてから利用するようにして、温度が高すぎると髪の毛がダメージを受けるので、最高でも180℃くらいまでに抑えておくことが大事です。

髪の毛が傷んでいる場合には150℃くらいに抑えて利用するのがポイントになります。

ヘアアイロンはなんども使用すると髪の毛が傷むので1回で決めるようにしましょう。

ヘアスプレーで前髪を固める

最後に前髪をセットした際にはしっかりとヘアスプレーで前髪を固めるようにするといいと思います。

男性の場合にはジェルやヘアワックスを利用してもいいと思いますが、女性の場合には普通にヘアスプレーを利用するといいです。

ヘアスプレーを利用する際にはしっかりと表面にあてるのはもちろんですが、裏側や毛先までしっかりと固めるようにすると、前髪が崩れるのを防ぐことができると思います。

汗を止めて前髪が崩れるのを防ぐ方法とは

汗前髪崩れる対策

スタイリングで汗や湿気などの水分でも崩れにくいように工夫することも大事ですが、汗自体をしっかりと対策することも大事になってきます。

汗を抑えることができれば、それだけ前髪が汗でぐちゃぐちゃに崩れるという心配がなくなるので根本的な問題解決につながります。

顔汗や頭汗を完全に止めるのは難しいことですが、対策方法はあるので参考にしてください。

額にベビーパウダーをつけておく

ベビーパウダーを額の前髪が崩れる部分につけておくと、前髪が汗によって額にはりつくのを防ぐことができます。

顔から汗が出たらそれを小まめに拭くようにするといいのですが、汗が多く出るような場合なら、ベビーパウダーを利用して前髪が濡れにくくするようにするのも効果的です。

難しい方法でもなく、手軽に利用できるので、前髪が汗でぐちゃぐちゃに崩れるような場合には試してみるといいです。

とは言ってもあまり大量に汗が出るようだと効果は限定的で気休めくらいなので、これだけに頼るのはよくないです。

制汗剤を利用する

汗を止める場合には制汗剤を利用するのが普通ですが、前髪などが崩れる原因になる顔汗や頭汗については制汗剤の選び方に注意が必要です。

基本的に顔汗や頭汗を止めるために市販の制汗剤を利用するのはオススメできないです。

市販の制汗剤はスプレータイプが多く、肌には刺激が強い成分が含まれていることが多いです。

そのため顔などのような皮膚の薄い部分に利用すると顔の皮膚が荒れてしまう可能性があります。

また頭汗の場合には髪の毛が邪魔で利用しても有効な効果は得られないです。

そのため顔汗を止める場合には専用の商品を利用するようにするといいです。

参照:顔汗を止める方法

制汗サプリを利用する

前髪が汗で濡れてぐちゃぐちゃに崩れるのを防ぐ際の汗対策の方法で一番効果的なのが制汗サプリを利用することです。

制汗剤で顔汗対策をすることはできますが、頭汗対策はできないですよね。

そのため顔汗と頭汗対策の両方を対策できる方法として制汗サプリがあります。

制汗サプリがあれば頭汗はもちろんですが、顔汗や他の部分の汗にも対応することができるので使い勝手がいいです。

頭汗の場合には基本的に制汗サプリでしか対応することができないので、髪型が汗で濡れてしまって崩れるようなら、とりあえず制汗サプリの利用を検討してはどうでしょうか。

ワキガ対策商品の比較情報

wakigahikaku

汗っかきや多汗症対策商品の比較情報

asekakuhikaku

ワキガ・多汗症手術対応病院の徹底比較

ワキガ多汗症手術徹底比較

おすすめ記事一覧

ワキガを自分でセルフチェックする方法(自分でワキガを調べる) 1

ワキガを自分でセルフチェックできる方法があるのをご存知でしょうか? 自分がワキガなのかどうか気になっている人は男女問わず非常に増えています。 ワキガのニオイについては自分では判断ができないものなので、 ...

スソワキガセルフチェック 2

スソワキガのセルフチェックの方法を載せています。スソワキガはアソコのニオイで女性にとってはかなり深刻な問題です。 アポクリン汗腺は腋の下だけではなく、耳の中、おへその周り、乳首、陰部にも広く分布してい ...

チチガ対策方法 3

チチガという言葉についてあまり馴染みがない人もいるかと思いますが、チチガとはどのようなものなのでしょうか? チチガとはワキガの一種で、ワキガの場合にはワキから強烈な臭いがするというのは良くわかっている ...

頭汗や頭部多汗症の原因と対策方法 4

頭から大量の汗が流れるという人や、頭部多汗症で悩んでいる人はどうやって頭汗の対策をすればいいのか悩んでいる人は多いです。 頭汗の原因を知って頭汗を止める方法を参考にしてください。頭汗は顔汗同様に目立つ ...

顔面多汗症を治す方法(顔汗を止めるには) 5

顔面多汗症(顔汗)を治すにはどうすればいいのか説明しています。どうやって顔汗をかかない方法を行えばいいのか掲載しています。 顔面多汗症(顔汗)で悩んでいる人は多いですが、止めるには非常に難しいです。目 ...

手汗や手掌多汗症の原因と止めたい場合の対策法 6

手汗が大量に出る手掌多汗症という症状などで悩んでいる人は多いです。 人間なら誰でも汗をかくのは普通で、手汗をかくのも普通のことですが、人によっては手汗が大量に出てしまって困っていると言う人も珍しくない ...

脇汗や腋窩多汗症の原因や臭いを止めたい場合の対策 7

脇汗や腋窩多汗症というワキから汗が大量に出る症状は珍しいことではないです。 ワキって普段から結構汗が出やすい場所で、男性はもちろんですが女性もワキ汗が出てしまって、ワキの服シミが気になってしまっている ...

足汗や足底多汗症の原因と止める方法 8

足汗が大量に出てニオイが気になるという人や、足がびちゃびちゃになってしまうと悩んでいる人は多いです。 足汗は人によっては暑さのせいだけでなく冬場の寒い時期にも大量の足汗が出て困っていると言う人も珍しく ...

-汗対策の方法

Copyright© ワキガ対策・汗対策のアセワキLAB , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.